2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あれから5年 村山聖の偉大さを語るスレ

1 : :03/08/01 01:51 ID:3lmAYVLl
太っちょ怪物、村山聖が去ってから5年。対羽生戦の成績だけが
取りざたされるが、実際はどうだったのか。

2 :低級抜けて三ヶ月経った:03/08/01 01:54 ID:d9Q3Gvcn
終盤は村山に聞け

3 :名無し名人:03/08/01 01:57 ID:CvKn0Ryg
将棋は興味ないなあ


4 :名無し名人:03/08/01 02:17 ID:04rIvbkf
4

5 :名無し名人:03/08/01 02:48 ID:cf6HsdW1
>>1
> 対羽生戦の成績だけが 取りざたされるが、実際はどうだったのか。
???

6 :名無し名人:03/08/01 03:00 ID:o4yY8Yr4
今で言えば鈴木や久保クラスの指し手。


7 :名無し名人:03/08/01 03:02 ID:qQtbB8Kp
今日本屋で将棋コーナーによったら
村山聖のきふを羽生と1000崎が解説している本が売っていた。
その本の題名は


忘れた



8 :名無し名人:03/08/01 03:07 ID:VB3zdu0q
『村山聖名局譜』 羽生善治・先崎学/著 (日本将棋連盟)


9 :名無し名人:03/08/01 03:09 ID:VB3zdu0q
【楽天市場】
『村山聖名局譜』 羽生善治・先崎学/著 (日本将棋連盟)

ttp://www.rakuten.co.jp/shogi/372953/441418/460311/

10 :名無し名人:03/08/01 04:02 ID:CqusSrKB
デブの頭脳

11 :名無し名人:03/08/01 08:02 ID:lCjVKF61
>>2
なのに終盤に弱い律儀にダブルスコアでまけてたのはなんでだろー

12 :名無し名人:03/08/01 08:03 ID:lCjVKF61
>>6
ガンにならなくてもせいぜい全盛期の田中寅レベルかも

13 :名無し名人:03/08/01 23:18 ID:6SLYO2y0
相性があるでしょ・・・
羽生に強くて谷川に弱いのが顕著に出てる棋士だった。
死んだ人の棋力なんて比べようないし

14 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

15 :名無し名人:03/08/01 23:31 ID:cg6SU0g1
将棋弱いからよくわかんないし村山さんのことは本で読んだことしかないけど
もっと生きて将棋指したかっただろうな・・

16 :名無し名人:03/08/02 00:10 ID:aidN45o4
>>15
生きてもっと強くなって、名人になって即引退。

という事をやろうとしたんですね。
もうちょい生きていれば、タイトルに手が届いたかも。


17 :山崎 渉:03/08/02 00:19 ID:1SwAUbCj
(^^)

18 :名無し名人:03/08/02 00:41 ID:fthdVaJA
名人になったら引退なんて言ってたのか?

19 :名無し名人:03/08/02 07:44 ID:1oWc2PO7
>>18
「早く名人になって、将棋をやめたい」というのはよく言ってた。

20 :名無し名人:03/08/02 07:53 ID:FKEHYLYV
米長がやったインタビューでも将来の目標を聞かれて
「早く将棋をやめたい」と言ってたな。まだ二十歳くらいの頃に。

21 :名無し名人:03/08/02 07:59 ID:h22lMVzg
二十歳前からいろいろ考えてたのが伺えるよな。

22 :名無し名人:03/08/02 08:11 ID:1oWc2PO7
四段昇段(17才)の時から言っていたように思います。

記者?:将来の目標は?
村山:早く将棋を辞める事です。


23 :名無し名人:03/08/02 10:34 ID:k8btb7BR
順位戦の昇級は、森内・佐藤よりも早かった。
佐藤が追悼文で、自分よりも常に一歩先を
進んでいたとか書いてるのを読んで、ちょっと
村山を見直した覚えがある。

24 :名無し名人:03/08/02 11:47 ID:DPiau+Vs
将棋を知れば知るほど
村山のすごさがわかるよ

25 :名無し名人:03/08/02 14:44 ID:d6rzdO6W
>>21
そりゃ小さいころから「20歳まで生きられるかどうか」と医者に
言われてたらしいから。

26 :名無し名人:03/08/02 14:49 ID:d6rzdO6W
>>13
羽生に強いといっても対戦成績は村山の6勝8敗(1不戦敗含む)

27 :名無し名人:03/08/02 15:03 ID:5yGvWBXm
物の考え方の鋭さは先崎以上、棋士中No.1だった。

28 :名無し名人:03/08/02 15:51 ID:GGzyyFL8
谷川に対しては、「谷川を倒して名人になる」という思いが強すぎて勝てなかったのか?その谷川から(村山が認めていないと思われる)佐藤が名人を奪取したのを見届けて亡くなったわけだが、内心複雑だったろうね。

29 :名無し名人:03/08/02 19:39 ID:lB8/Vle5
感性派の郷田とも対戦成績が悪かったような。

郷田は村山死後「自分は村山のことをライバルと思っていたが
彼はそうおもってなかったようだ」とかいったらしい。

郷田のほうが早い時期タイトルとってるだけに互角かやや郷田の
ほうが上だったろう。


30 :名無し名人:03/08/02 21:07 ID:Ngn6zQsP
>>29
それは意味が逆じゃないかな。
村山は名人or羽生しか眼中に無かった
ということでは?

31 :アラレに化けたmiya本人です^^;:03/08/02 21:20 ID:SIBlxHHC
将棋を知らない一般人(それも女性)が
この本感動的と 皆で「聖」を回し読みしている。

最近の実話だぜ^^;

32 :_:03/08/02 21:20 ID:iSAyh2OK
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

33 :名無し名人:03/08/02 21:21 ID:HMa7OhjW
>>26
将棋連盟の対戦成績リスト
http://www.shogi.or.jp/kisen/taisenseiseki/
羽生とほぼ互角に戦っている人は、どれくらいいるかな?


34 :名無し名人:03/08/02 21:39 ID:nYei8ngc
>>33
羽生8-6深浦
羽生14-13藤井
羽生7-6三浦
ほぼ互角ならけっこういる

35 :名無し名人:03/08/02 22:07 ID:GGzyyFL8
淡路は?

36 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

37 :名無し名人:03/08/02 22:11 ID:GGzyyFL8
丸山や森内まで名人になってしまって、村山は天国からどういう気持ちでみているのだろう?

38 :名無し名人:03/08/02 22:21 ID:usOPvAuR
今でもNHK杯羽生との最終局はわざと負けたと思ってますよ〜

39 :名無し名人:03/08/02 22:44 ID:lB8/Vle5
>>38
なわけないやん。まあ羽生によると「信じられない大悪手」で
逆転優勝だったわけだが。
このあと村山は5ヶ月ほどで(収録が2月末)逝ってしまった訳だが。

40 :名無し名人:03/08/02 23:21 ID:HMa7OhjW
>>33
なぜこんな記録まで保管?
http://www.shogi.or.jp/kisen/taisenseiseki/kamiya-kitazima.html
http://www.shogi.or.jp/kisen/taisenseiseki/nakadahiro-noduki.html
http://www.shogi.or.jp/kisen/taisenseiseki/syosi-noduki.html

41 :名無し名人:03/08/03 00:13 ID:frBowqYm
もう5年も経つのか、としみじみしてしまった。
村山九段の棋譜集って >>8-9 で紹介されているもの
ぐらいしかないってのも、ちょっとさみしいと思った。
一応持ってるけど、もっと見たいなぁ。

42 :名無し名人:03/08/03 01:36 ID:oIGqfbFi
>>40
そのカードで何か大勝負があったときに「過去の対戦成績」として紹介したのが残っている、に2ペリカ。
更新されてないのもあるし。

43 :名無し名人:03/08/03 03:33 ID:meUrehyH
NGワード設定してると >>40 があぼ〜んになっちゃうのがツライ…

44 :名無し名人:03/08/03 03:37 ID:Ao/5OzK5
kami○aのせいだね
>43

45 :名無し名人:03/08/03 06:50 ID:O5+UQa95
第47回NHK杯テレビ将棋トーナメント決勝
対 羽生四冠
http://www.bb.wakwak.com/~macky/kifuj/habu/nhk/47-k.htm

プロ対局の棋譜集 村山聖(237個)
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/bluefall/net.html

村山九段、最後の対局(対木村一基)
http://ymomo.hp.infoseek.co.jp/SHOGI/MURAYAMA/MURA03.htm


46 :名無し名人:03/08/03 07:51 ID:zKOesIBe
>>31
「聖」読みました。
バットで家の壁を叩いてるシーンに感動しました。

47 :名無し名人:03/08/03 09:27 ID:O5+UQa95
最後の年だっけ?
将棋年鑑に彼が寄せた今年の目標:

「生きる」

48 :名無し名人:03/08/03 10:43 ID:n2zgIACJ
>>47
最後の年は「土に還る」(ノД`)シクシク

49 :名無し名人:03/08/03 11:11 ID:O5+UQa95
純なる勝負師!村山語録
http://ymomo.hp.infoseek.co.jp/SHOGI/MEIGEN/MURAYAMA.htm

50 :名無し名人:03/08/03 11:17 ID:+01dNzcH
玄人童貞ではないかも知れないが、素人童貞は間違いない。

51 :名無し名人:03/08/03 11:20 ID:n2zgIACJ
>>50
先崎の追悼文にある「女を抱いてみたい」は
頭に(素人or好きな)がついていたんかね、本当は



52 :名無し名人:03/08/03 12:09 ID:Qq1/GOtB
女を抱いてみたいっていうのは、本当に切なくなる言葉だな

53 :名無し名人:03/08/03 23:14 ID:yETLxsOc
俺は将棋はできんけど、「聖の青春」は本当に感動した。
村山が亡くなるシーンでは生まれて初めて本を読んで泣いた。
健康体の俺が人生さぼってちゃいかんなあ、と。

54 :名無し名人:03/08/04 20:55 ID:oqy7fyhM
前に村山のことを取り上げたテレビで、治療に当たった医師に
インタビューをしていたのだが、チ○コを切除するに当たって、
人工授精で子供を得ている人もいるから、といって納得して
もらったということを言っていた。

医者として、患者の命最優先という意味で、確かに正しいのだけど、
正しいのだけど

でも、ちょっと可哀想かと思った。

55 :名無し名人:03/08/04 20:59 ID:ZFAPEUAz
ちんこ切るのは嫌だな
人工ちんこ開発しても
変に多機能でも嫌だし



56 :名無し名人:03/08/04 22:02 ID:oqy7fyhM
>>55
そうなんだよね。
最近は女性が乳癌になった場合でも、乳房を切除せずに
すんでいるという話だけに、男として、何とかならかったのか、
と思う次第で。

57 :名無し名人:03/08/04 23:48 ID:G0X0tla/
聖チンコ切ってたのか・・・。

58 :名無し名人:03/08/05 05:50 ID:9za6El9N
>>54
膀胱と前立腺は切ったけどペニスは切ってないんじゃないか?
違うの?

59 :名無し名人:03/08/07 07:56 ID:PKn8hScU
命日前に落ちるのか・・・

60 :キユの旅 ◆1pkiyu.a1. :03/08/07 13:25 ID:RaPSQZzQ
モテ先生を嫌ってたんだよね?

61 :名無し名人:03/08/07 18:18 ID:2zvKHOXk
でもすでに他のところにも癌が転移しちゃってたのにチ○コを切除した意味はなんなの?
ほんの数ヶ月多く生きるため?

62 :名無し名人:03/08/07 19:07 ID:a5CefriP
テレビ東京の「早指し戦」の最終回の回想VTRで
村山さんのシーンがあった。
スタジオゲストの羽生さんや深浦さんをはじめ皆さんが
ニコニコしていました。なんか、心温まる感じだったな。
自分の持っている、唯一の動画です。宝物です。

63 :名無し名人:03/08/07 21:05 ID:PKn8hScU
>>61
事実誤認でつ。
ガン診断された場所は膀胱。
よって膀胱と前立腺を切って事実上不能に(ただしペニスは温存だが
当然排尿も勃起もできない)

しかしその1年後にガン再発で休場し、さらに転移も発覚ってこと。

64 :名無し名人:03/08/07 21:27 ID:r4Ny1dSI
必死がかかったわけだ

65 :名無し名人:03/08/07 21:33 ID:PKn8hScU
しかし、村山が○とかひろゆきみたいな性格で
つきあいはほとんどしないかわりに健康に悪いことは
一切せずに節制していたらどうなってたかは興味ある。

もうすこし長生きして名人にはなっていたが
本にはならなかった・・・とか逝ってみる。

66 :名無し名人:03/08/08 01:53 ID:RJ9Vm8sI
排尿ができなくなったらどうやって排泄物を外に出すの?

67 :森信雄:03/08/08 01:55 ID:byr5WGpx
>>66ゲロして出します

68 :名無し名人:03/08/08 02:22 ID:H/uCQahq
かつて大内は村山と対局中にこう言ったとか
「君なー、爪切ってこいや。駒に傷が付くし、第一相手に失礼だろう。
 下の総務課に行けば、爪切り貸してくれるから」

対局は村山がしっかりと勝った。

69 :名無し名人:03/08/08 07:23 ID:eEkGtXkN
>>66
腎臓に管をつけて出すのでは?
人工肛門みたいなかんじで

70 :名無し名人:03/08/08 07:25 ID:eEkGtXkN
>>68
タニ−も村山四段昇進後の記念対局(タニ−角落ち)で
「最後に村山君、君は将棋は強いけど爪は切っておいたほうが
いい思うよ」と観戦記に書いている。
結果はもちろん村山の勝ち。

71 :名無し名人:03/08/08 08:33 ID:tOMHexHf
二段くらいの頃、関西将棋会館でタイトル戦の検討をやっていた時、
大御所(内藤九段?)が「こっちに詰め路があるから勝ちだね」と
言ったところ、村山だけが詰んでないと主張した。

周りが青ざめる中、その大御所が「どうして詰んでいないのか?」と
聞いたところ、「では、どうやったら詰むのですか?」と逆に食って
かかった。じっくり駒を動かして考えてみると、村山の方が正しく、
詰みはなかった。

これ以降、「終盤は村山に聞け」という話になった。

72 :名無し名人:03/08/08 08:44 ID:8KRfnhW7
逆ちゃうの?

73 :名無し名人:03/08/08 10:40 ID:6nz57IZ5
>>71
話がごっちゃになってる。

ある難解な局面を見た内藤が「詰むやろ?」と言ったのに対して、奨励会員の誰かが
「でも村山さんは詰まないと言っていますが・・・」と言い返したというのが伝説のひとつ。
(いかに村山の評価が高かったかということ。実質詰まなかった)

東京の将棋会館にきた村山。東京の若手がある局面で詰みのありなしを検討していたら、
村山が詰みだと判じたのだが、若手たちには分からなかった。
(たぶん嫌味もこめて)若手の1人が「どうやったら詰むのか教えてもらえないかな?」と言ったところ、
つまんなそうに「どうやったら詰まないんですか?」と言い返した伝説。

どっちも『聖の青春』に載ってます。感動するから読んだことない人は是非読んでみて!

74 :名無し名人:03/08/08 21:00 ID:fHesWDy2
SPA!で米長と対談してたけど
彼の部屋がアニメグッズとか物であふれててものすごかったな。
宮崎の部屋そっくりだった。

「聖」は読んでないんだけどそういう側面(アニヲタ?)にはふれてるのかな?

病死は気の毒だが死人を異常に美化するのも嫌だな。



75 :名無し名人:03/08/08 21:14 ID:Yu1NtvZX
加藤さんは負け犬です。ぼくは負け犬にはならない。

76 :名無し名人:03/08/08 21:16 ID:R28RZLoY
>>74
ばかハケーソ

77 :名無し名人:03/08/08 21:30 ID:rFm4V9Lf
>>74
少女コミックを、師匠に買って来てとお願いするエピソードがあるよ。
入院中にね。
でも、そんなものは村山の本質とは関係無いから、弟子と師匠との
エピソードとして微笑ましく書いてある。

村山を語る人達は、皆、村山 聖が好きなんだよ。
好きだから、皆語り継ごうとするんだ。
その中には、過剰な形容もあるだろうけどね。
重篤な障害を抱えながらも、目標に向かって進む姿って美しいでしょう。
だから、それを見聞きした人がそれを語ろうと言うのは、人の自然な姿だと
思うけどね。
それを、相対的な最後の一行で否定するのはどうなのかな?

78 :名無し名人:03/08/08 21:41 ID:FDaaLasU
たとえ必死をかけてても、死んだら負けだ。


79 :名無し名人:03/08/08 21:57 ID:h0k+f9dK
>>73
漏れは先崎の本でも呼んだ。
横になっていたのを起き上がり画面を見て
どうやったら詰まないんですか?といって
また横になったと。

80 :名無し名人:03/08/08 22:42 ID:CRQzsrmO
タニー苦手な村山も、さすがに角落ちでは勝つだろう。屋敷とか森下でも角落ちならタニーに勝てるのではないか?

81 :名無し名人:03/08/09 00:22 ID:XicvltpV
唐突になに言ってんだ?

82 :名無し名人:03/08/09 06:57 ID:ML4xHBbf
たぶん、やっと駒の動かし方を覚えてうれしくて仕方ないんだよ。

83 :名無し名人:03/08/09 08:30 ID:ZceHxsBR
しかし「女を抱いてみたかった」っていうセリフだけど
あれ(アニメ大好き、外見無頓着)じゃ無理でしょ。どんな女でも引くと思う。
その辺の神経がオタクの典型なんだよな。



84 :名無し名人:03/08/09 09:57 ID:Ya06Ihgh
というかなんで癌なの?持病はネフローゼじゃなかったっけ。
ネフローゼの人は癌になりやすいの?
それとも不運にも2つの病を別々に喰らっちゃったってこと?
ダンプカーに追突されて全身打撲で大怪我してる状態で、車内が燃えて焼死したみたいに。

85 :名無し名人:03/08/09 10:47 ID:I1jYS1AX
>>84
病気は別々なんだが、
ガンの遠因は
・ネプローゼ服用薬の副作用
・村山自身の不摂生(なんども急逝アル中で運ばれるほどの酒好き)
もあったと思われ。


86 :名無し名人:03/08/09 11:29 ID:veGyXKz+
髪も爪も「日々伸びて行く」ことに、「成長するもの」「生きているもの」の
一つとして愛おしさを感じていた、というようなことが「聖の青春」に
書いてあったような。

村山にとって節制するということは、一生病院のベッドの上ですごすということだ。
そうすれば、もう10年や20年は生きられたのかもしれない。
しかし、村山はあえて身体を痛めつけるプロ棋士という道を選んだ。
短いが「青春」のある人生を村山は選んだわけだ。

そんな「青春」を生きようとした村山だから、
「女を抱いてみたかった」というのは心情としてはよくわかる。
短く定められた生命だから、なおさら自分の生きた証を残したい。
それが「将棋名人になりたい」という夢だし、普通の青春を謳歌したいと
願いなのだ。

「オタク」という文脈で村山を見るのは甘い。
悪意ではなく、フリークスとかゾンビとか、そんな深い人生の不条理から
出発しないと村山の境地にはいけない。

「聖の青春」はそんな本だ。
やさしく読めるので、夏休みに挑戦してほしい。


87 :名無し名人:03/08/09 11:36 ID:CjTm3sxV
>>86が非常にいいことを言った

88 :名無し名人:03/08/09 15:22 ID:eKsTTtKP
しかし年収は2000万ぐらいあるんだろう。
それだけ金持ちならそこそこの女を抱けると思うが。
今の世の中、金のない男には興味ない女も多いし。

89 :名無し名人:03/08/09 15:37 ID:KyzXFBrU
師匠森信雄のスレ
http://game.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1059485400/l50

90 :名無し名人:03/08/09 18:29 ID:eKsTTtKP
聖の青春だけどさあ。
不幸な村山を使って、大崎が美味しいおもいをしただけの本だよねこれ。
村山と同レベルの容姿でありながら、
村山にうまく取り入って、金も女も手に入れた大崎をあの世で恨んでるそうです。

91 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

92 :名無し名人:03/08/09 21:49 ID:R7NBHz8k
>>90
村山を使って金儲けしたのは大崎と先崎だな

93 :名無し名人:03/08/09 22:40 ID:Ohvf/aCX
きみら、金の話しか出来んか?

94 :名無し名人:03/08/09 22:58 ID:u+8oqWwx
村山は金に無頓着で、下宿には対局料の入ったままの封筒が散乱していた。
掃除に来た母親が整理して、それを預金していたらしい。

ついでに、阪神大震災の時にいち早く募金をした棋士は羽生と村山。
どちらも巨額だったらしい。


95 :名無し名人:03/08/09 23:41 ID:zSqtmMtD
羽生はナイスガイだな。

96 :名無し名人:03/08/10 03:21 ID:wBllm68h
ttp://www.kansai-shogi.com/webmagazine/8-4.htm

関西将棋会館ホームページに特集が。
  
  平成10年6月15日 29歳の誕生日。遺言状の準備を終える。

  この一文にグッっときてしまった。。。

97 :名無し名人:03/08/10 05:59 ID:30BH/O9G
>>96
がんの転移を医者に説明された日でもある。

98 :名無し名人:03/08/10 06:02 ID:30BH/O9G
>>94
無頓着だけど麻雀などの勝ち金については容赦なく
相手から取り立てたor帳簿につけていた。
(ただし、遺言では自分が死んだ後には全部チャラにして
返金しても受け取るなと)

ゴキゲンのコンチャンがタクシー代もないほど負け
まくったのに村山はタクシー代も後の飲み代も
払うのを渋ったという話もある。

なんなんだろね。甘く見られると対局で影響してしまうと
思ってたからか。

99 :名無し名人:03/08/10 06:37 ID:kq/H0bKS
>>70
タニー文句言うときは123のときといい
一般読者が目を通す自戦記で言うよな

はなもげら逝ってよし

100 :名無し名人:03/08/10 11:22 ID:IxRmLUEH
若く死んで美化されてるだけ。
弱くもないが強くもない棋士。
ただそれだけ。

生きていたらスレなんてたたなかったかもね。


101 :名無し名人:03/08/10 12:41 ID:2mki0UPC
そう思うのはおまいが無知だから。

102 :名無し名人:03/08/10 12:55 ID:gl8UZnVA
>>100
いや、村山聖は、強い棋士だったと思う。

103 :闘神・劉海王:03/08/10 12:58 ID:Srn+Hz1t
A級棋士が弱いわけないわね

104 :名無し名人:03/08/10 14:16 ID:mh/XCgx+
でも1年目は4−5でギリギリ残留だし2年目であっさり落ちた。この世界は勝ち越さないとなんにもならない世界。

105 :名無し名人:03/08/10 14:23 ID:dFuPGBry
終盤は最高に強かったよ。

106 :名無し名人:03/08/10 15:23 ID:Etr7caCN
声が良かったように記憶している。

107 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

108 :名無し名人:03/08/10 22:39 ID:HU1+BfWY
>>104
1年目は6回戦までは4-2と森内らとならんでいたが、そこから三連敗。
(島、一二三、森内)
苦手の島もいたけどやっぱり体調をおとしていたのかね。


109 :名無し名人:03/08/10 23:53 ID:2DDK8grY
坊主頭にしたことがあったよね。
村山といい櫛田といい、
「自分が丸刈りにしたら、やばい風体になる」ってわからなかったのかね。

110 :名無し名人:03/08/11 06:53 ID:rdzuHYlo
>>109
見た目よりも涼しさをとったのだろう。

111 :キユの旅 ◆1pkiyu.a1. :03/08/11 06:55 ID:OjVwN5+E
丸刈りの風体で少女漫画を買いに逝ったのか。

112 :名無し名人:03/08/11 12:50 ID:tAIQJCvj
>>100
小野スレはここじゃないよ

113 :名無し名人:03/08/11 13:19 ID:z8OyMrAE
村山の終盤の強さは伝説化しても良いぐらいだった。

114 :名無し名人:03/08/11 14:04 ID:uIcQVnK+
偉大でもなんでもない。
この程度の強さの棋士ならいっぱいいるだろ。
伝説?アホくさ・・。



115 :名無し名人:03/08/11 18:49 ID:PhpaevDh
実はタイトル戦登場は1回だけ。
中田や真田あたりと同列ということに。

116 :名無し名人:03/08/11 19:52 ID:TiH3o5iv
聖の青春読了
取り敢えず、灘蓮照と神谷広志は氏ね

117 :名無し名人:03/08/11 20:25 ID:uIcQVnK+
http://www.asahi-net.or.jp/~WF9R-TNGC/satoshi.html
こういうのを見るとゾッとするな。
村山の死を「美談」にしようと必死。
女も知らず少女漫画に埋もれて生活してた村山の人生は
「悲惨」の一言に尽きるよ。美談に祭り上げるやつらには反吐が出る。




118 :名無し名人:03/08/11 20:34 ID:3VxcgKPZ
>>117 必死だな(藁

119 :名無し名人:03/08/11 22:57 ID:892rb76v
>>113
伝説化するならタニーや羽生にもっと勝ってないといけない

120 :名無し名人:03/08/11 23:37 ID:g9NMrL1C
伝説化とかじゃなくて、重い病をわずらいながらも
ひたすら名人目指したとこがカクイイと思う おれらじゃ無理っしょ
そういうのに感銘うけんのは人間として当たり前だと思う
べつに神格化とかじゃない

121 :名無し名人:03/08/11 23:42 ID:M9Sxwf3P
与えられた条件の中で精いっぱい生きた村山聖は、
棋士としてはもちろんのこと、人間存在として光り輝いているのです。

122 :名無し名人:03/08/11 23:57 ID:1XafWg5O
>>486
入場ボタン連打ゲーム敗者

123 :名無し名人:03/08/12 00:00 ID:9ImdT9qs
>>122
ゴバク。。

124 :先崎追悼文1:03/08/12 00:06 ID:9ImdT9qs
今、僕は東北の温泉に居る。静養のためである。 行く前に、三つ、誓いを立てた。
一、酒を飲まない。二、嫌なことを思い出さない。三、嫌なことに触れない。
 そこへ、村山聖が死んだとの知らせた入ってきた。 死というのは常に意外なものであるが、
半ば予期していたことでもあった。  一年くらい前、彼が、今まで指した将棋の実戦集を出したいと言いだし、
ついてはどうしても僕に代筆を頼みたいといっているとの噂が入った。
将棋指しが将棋指しの実戦集の代文をする。 それを書かねば貧窮するわけでもないので断ろうと思ったが、
手術の後の微妙な時期に実戦集を出したいということに、 彼の迫力を感じ、迷いに迷った。
迫力というのはややこしい言葉だが、ありていにいってしまえば、 彼は、死期を悟っているなと思った。
 深夜の居酒屋で、郷田、中田功と激論を交わしながら、 気合いで書くことに決めた。
「彼が死ぬと思うから俺は書くんだ」酔った勢いで僕は叫んだ。 横で中田功がボロボロと泣いていた。
 村山が東京にアパートを借りていた頃、たまに飲んだ。
ワインが好きな男だった。(この、だった、という言葉にまだ非常なる違和感を感じる)

125 :先崎追悼文2:03/08/12 00:09 ID:9ImdT9qs
 二度ほど、急性アルコール中毒で病院に担ぎ込んだこともあった。
二度とも、僕は点滴の横で彼の横で彼の鞄の中にある推理小説を読んでいた。  
一度目に倒れたとき、泥酔し、ほとんど歩けないような村山が、 勘定だけは割り勘にしようと言い張った。
理由を訊くと、ろれつの回らない声で、 君には借りをつくりたくないと呟いたり叫んだりした。
 将棋指しがライバルに借りを作りたくない。 この神経は分からなくもない。
が、それにしても彼は酔っていた。 ふらふらだった。それでも必死で財布からお金を出そうとする姿に、
僕は一種の狂気と執念を感じた。  実際、村山はシビアな男だった。
並の将棋指し以上にあらゆる勝ち負けにこだわった。
麻雀をやれば、彼が勝っているか負けているかは一目で分かった。
子供の頃から死を見つめて来た男にしては達観することがなく、 お金の貸し借りには潔癖だった。
そのくせ、大崎編集長と三人で飲んで世界普及のために若手棋士が金を出し合おうと冗談を言うと、
次の日に百万円を用意してきて周りを慌てさせたこともあった。


126 :先崎追悼文3:03/08/12 00:12 ID:9ImdT9qs
 村山は普通の青年が当たり前のようにすることをしたいという願望が強かった。
そのために麻雀を打ち、酒を飲み、人生を、将棋を、ときには恋を語り合った。
 二人で飲んだとき、村山が、唐突に僕に向かって、
「先崎君はいいなあ」と言い出したことがあった。 健康の話ならばいまさらという気がしたが、
どうもそうではないようであった。 僕に、彼女がいるのを羨ましがっているようなのだ。
 自分には夢が二つある、と彼はいった。 一つは名人になって将棋をやめのんびり暮らすこと。
もう一つは素敵な恋をして結婚することだといった。
大丈夫だよ、君をいいという人が必ず見つかるさ。僕は言った。
ダメだ、こんな体じゃ。彼はふるえた。そして呟くように言った。 死ぬまでに、女を抱いてみたい・・。
それから、彼は堰を切ったように家族の話をしはじめた。
母に心配されるのが一番辛いといい、 自分には兄貴がいて、
これが、自分に似ずに格好いいんだわ、 と何度も何度も繰り返していった。
そして、東京に来て嬉しいことは、皆と麻雀をしたり、
君とこうして酒が飲めることだといって、倒れた。 二度目の点滴のことである。
それが、最後の二人の席になった。  


127 :先崎追悼文4:03/08/12 00:15 ID:9ImdT9qs
村山が膀胱癌になったと聞いたとき、様々に僕はショックを受けた。
彼が小さい頃から患った腎臓以外のところが悪くなったのもショックだったし、
酒や麻雀などの不摂生で自分が片棒を担いでしまったかとの思いもあった。
それにもまして、彼の二つの夢が、どちらか一つでも死ぬまでに叶うのだろうかと思った。
彼の体を心配してくれる女性は母親以外にいるのだろうか。 彼は恋をしているのだろうか。
 村山聖には志があった。名人になりたいというでっかい志が。
と同時に普通の青年として生きたいという俗人としての欲望もまた強かった。
強く、せつなく、そして優しく悲しい男だった。
 今、この文章を読んだ方は、決して忘れないで頂きたい。 そして語り継いで頂きたい。
平成初期の将棋界を駆け抜け夭折した男は、将棋の天才だったと。
と、同時に人間味溢れる青年だったと。  
今、僕の誓いは二つ目と三つ目が脆くも崩れた。
仕方がないので、僕は酒を飲んで君のことを思い出すことにする。


128 :名無し名人:03/08/12 00:17 ID:SckkkR76
>>124-127
要約すると、村山を死なせたのは先崎だということか

129 :名無し名人:03/08/12 00:18 ID:1w6NB2U+
>>128
お前死ね。マジで。


130 :名無し名人:03/08/12 00:23 ID:9ImdT9qs
>>124-125
うー、文章の切らし方間違えたな(´・ω・`)

131 :名無し名人:03/08/12 02:28 ID:PFXqCEju
> 今、この文章を読んだ方は、決して忘れないで頂きたい。 そして語り継いで頂きたい。
>平成初期の将棋界を駆け抜け夭折した男は、将棋の天才だったと。

この辺が死人の「美化」だと思うんだよな。
本当に客観的に見て彼は「天才」と言える棋士だったか?
生前にも言ってたの?>先崎

それに彼自身の不摂生で死期を早めたのかもしれないし
病気のせいで将棋で力を発揮できなかったどうかもわからない。
病気というハンデを背負いながら命を懸けて闘った棋士という美談を
作りたくてしょうがないんじゃないか?


>自分には夢が二つある、と彼はいった。 一つは名人になって将棋を
>やめのんびり暮らすこと。 もう一つは素敵な恋をして結婚することだといった。
>大丈夫だよ、君をいいという人が必ず見つかるさ。僕は言った。
>ダメだ、こんな体じゃ。彼はふるえた。そして呟くように言った。 死ぬまでに、
>女を抱いてみたい・・

NHK杯で見たことあるが髪はボサボサで表情も乏しく典型的なオタクルック。
太ってるのは病気のせいかもしれないししょうがないけど恋人が欲しいなら
もうちょっと外見を努力するべきだろ。
SPA!で少女漫画の山に囲まれた写真を見たときは気味が悪かったし。

故村山を持ち上げる人間は偽善者の典型と言った感じで気持ち悪い。
若くして死んだのは気の毒だが(本人の不摂生もあるような感じがするが)
だからといって実際以上に彼の将棋や人生観を評価するのはおかしいね。

132 :名無し名人:03/08/12 02:36 ID:gYMy1VZL
女を抱いて見たかったってのは、
道程のまま死んだの?

133 :名無し名人:03/08/12 02:47 ID:iK00NTcW
>131
>この辺が死人の「美化」だと思うんだよな。

死人は美化するしかない。

お前の言い方は、それこそ「死者に鞭打つ」ってもんだ。


134 :名無し名人:03/08/12 02:52 ID:9c+Z/IO9
>平成初期の将棋界を駆け抜け夭折した男は、将棋の天才だったと。

屋敷もタイトル挑戦二回獲得一期の19歳で死んでいれば
いまごろ永世七冠の器だったとか言われてたかもな

135 :名無し名人:03/08/12 02:53 ID:n9srW6cx
これが噂の先崎の追悼文か。
やはり、読ませる文章書くもんだな。

136 :名無し名人:03/08/12 02:56 ID:9c+Z/IO9
訂正
× タイトル挑戦二回獲得一期の19歳
○ タイトル挑戦二回獲得二期の18歳

137 :名無し名人:03/08/12 02:59 ID:PFXqCEju
早死にしたからって実力以上に褒められて村山はうれしいか?
ただみじめなだけだと思うけどな。死んでから「天才」にされても。
生前の評価は「将来有望な若手の一人」くらいでしょ村山は。

まともに口も利いたことがない見向きもしなかったような連中が
なくなってから葬式に来ておいおい泣きまくってる姿が想像できて気持ち悪いよ。




138 :名無し名人:03/08/12 03:13 ID:n9srW6cx
思い出は、美しい方が良い場合が多いからね。
そこまでムキになって否定する程じゃないと思うけど。
必死に長文書いて、会った事すらない故人を叩くのは
>まともに口も利いたことがない見向きもしなかったような連中が
>なくなってから葬式に来ておいおい泣きまくってる
と似たようなもんじゃないのかねぇ?

139 :名無し名人:03/08/12 03:23 ID:PFXqCEju
俺は客観的事実を書いてるまでだけどな。
生前の村山は異常な印象を受けるよ。
オタク、奇人って感じのね。
別に悪意があるわけじゃなくそれが彼を見た一般的な印象だろ。
彼を見て好印象を受ける人間がいるか?
将棋にしたって「天才」と言うのはオーバーだし。






140 :名無し名人:03/08/12 03:30 ID:n9srW6cx
その考えは一概に間違ってはないんだな。
将棋にしては、対羽生直接対決が互角、タイトル挑戦、20代A級は「天才」言えなくもないと俺は思うけどね。
ただ、そこでけなしても良い事なんて一つもないぜ?
彼と言う人間を良く知り、愛した人達にとっては、間違いなく美談なんだよ。
そして、俺を含めた多くの人は、その感情を素直に受け入れようと思ってる。
気づかずに偽善者になっていたとしてもね。
まぁ、君の感覚は否定しないけど、もうちょっと大人になっても良いかな、と言う思いはあるね。

141 :名無し名人:03/08/12 04:25 ID:YbYVIg6g
>>139
たぶん 本なり棋譜なり見てないからそう思うんだろうな
村山の話を思い出せる程度ですれば 何かの棋戦で決勝まで行き
その決勝戦当日 体調が急変し棄権を師匠に申し出たところ
師匠は引退しろと言った 理由は楽しみにしているファンに迷惑をかけるから
結局無理をおして出場し負けた 
村山の棋士人生では病気で体調急変など日常茶飯時だったろう
将棋と病気両方と戦わなければならない プロゆえに甘えも許されない
不摂生と言われてるが 村山の立場で考えると酒くらいのまな健常な精神
でやっていけんだろうし なぜか医者に止められてたゴルフもやった
みんなと同じことがしたかったのだろうし また出来ない自分が
悔しくもあったろう
加藤に噛み付いた話も将棋の上達にだけ悩んでいた加藤があほらしくもあり
憎らしくもあったかもしれない

自分の人生を呪いながらも将棋に精進した村山に
惜しみない声援を送り続けていきたい


142 :名無し名人:03/08/12 04:26 ID:YbYVIg6g
長文書いたのに
あぼ〜んかよ

143 :名無し名人:03/08/12 06:57 ID:Kja3r1JM
>>131
おそらく、ネプローゼになっていなかったら将棋に
出会ってなかったかもししれない。
3歳からまわりのガキ大将、広島という土地柄から
「ヤンキーだが勉強もできる」体育会系の人間として
育ってたんじゃないかな。

144 :名無し名人:03/08/12 09:29 ID:hDs0g3L8
村山を叩いている人、気持ち悪いよ。恨みでもあるのかね。

145 :名無し名人:03/08/12 10:24 ID:AjtQ14nA
もしかしたら村山さんを叩いている人は、
異常なほどの将棋オタクだったりして
近親憎悪みたいな
将棋って強くなっても(アマは)ほとんど報われないし
自分は「聖の青春」を立ち読みして泣いた(恥ずかしい)くちだけど
生き方は感動してもあまり将棋の「天才」と認めたくないのは同意見
(個人的に好きな宗歩、柳雪、升田、中原などと比べて)
なぜかって考えるといろいろ書かれているけど
彼の将棋が無機質な感じだから、すごくドライ
自分は弱いので本質をわかってるかといわれると痛いが
棋譜自体の人を感動させる力という意味では天才性は希薄
まこれは感じ方の問題なので人によって違うと思いますが

146 :名無し名人:03/08/12 10:56 ID:y3oGmLiw
村山を叩いてるヤツばかだな。
村山はあの羽生より早く奨励会を駆け抜けたんだぜ。
天才に決まっているじゃないか。
A級を凡才って思うのは、将棋知らずの糞だけ。

147 :名無し名人:03/08/12 11:39 ID:Y4WHMOvR
生前から羽生のライバルは村山と見る人も多かったから
村山≧佐藤の評価で十分天才、佐藤よりA級に上がる速かったし・・
何を持って天才を否定することができるのだろう>ID:PFXqCEjuは
まあ格好はキモカッタ面もあるけどそれは先崎も誰も否定はしていないけどw

148 :カニタマ ◆Kani1ko5Z2 :03/08/12 11:52 ID:JgZUFkFK
村山九段の生き方には感動しましたが棋譜には感動した事は無いです
升田九段の棋譜は並べているだけで楽しいのですが









というか俺が終盤の妙手とか見てそれを説明されてもわかるわけないわけで・・・・・

149 :名無し名人:03/08/12 11:53 ID:40koI7pS
ここはあえて>145に突っ込んでおく。

立 ち 読 み で 泣 く な。 買 え

150 :名無し名人:03/08/12 12:01 ID:YbYVIg6g

かに玉は村山叩きを始めたというわけか

151 :名無し名人:03/08/12 12:02 ID:AjtQ14nA
>149 漫画の「聖」は買いました

152 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

153 :カニタマ ◆Kani1ko5Z2 :03/08/12 12:09 ID:JgZUFkFK
>>150
いや村山九段は好きですよ
しかし終盤型の棋士の棋譜は俺にはあわんなってことです

154 :名無し名人:03/08/12 12:10 ID:AjtQ14nA
>149 もちろん村山聖実戦集も買いました。
当然何度も並べました。棋士は棋譜しか残せない

155 :名無し名人:03/08/12 12:16 ID:YbYVIg6g
>>153
A級時代になると
序盤もかなり
うまくなっとったというのが定説ですよ





156 :名無し名人:03/08/12 12:22 ID:uC4a1Cca
村山は終盤型と言われているが、序盤でも冴えを見せている。

157 :名無し名人:03/08/12 12:37 ID:AjtQ14nA
>>155 確かにうまい。しかし面白いかというとそれはまた別の次元
ある意味小手先の技術で構想力がすばらしいというわけではない
尤も現代将棋全体が面白くなくなってきたのは否めない(懐古趣味だけではない)
中終盤のねじりあいのない将棋が多くなってきたし
ただB1順位戦の対丸山戦は文句なく名局(泥試合だけれども)
でも名局とか天才とか言う言葉は安易に使いすぎないほうがいい

158 :名無し名人:03/08/12 12:40 ID:CAAMphmT
A級=天才 じゃないだろ?

159 :名無し名人:03/08/12 12:47 ID:CAAMphmT
天才と言えるのは羽生くらいだろ。


160 :名無し名人:03/08/12 12:51 ID:AjtQ14nA
構想力で天才と思わせるのは現A級では藤井さんかな
(自分は居飛車党だけど)

161 :カニタマ ◆Kani1ko5Z2 :03/08/12 12:57 ID:JgZUFkFK
(´・ω・`)φメモメモ
ならべてみます

162 :名無し名人:03/08/12 13:00 ID:buLCNmt2
われわれ素人が天才を語ることに意味があるのか・・・・

163 :名無し名人:03/08/12 13:04 ID:AjtQ14nA
意味はない。しかし自分に才能のかけら
もないからプロの棋譜を見て感動できるのではないか

164 :名無し名人:03/08/12 13:22 ID:YbYVIg6g
そして俺は
淡路の棋譜に感動してるわけだが
プロはすげっ

165 :名無し名人:03/08/12 13:35 ID:Q8AJ3MiW
漫画「聖」の最初は村山の構想力に羽生が完敗して、その時恐れを抱いたと
いう羽生のインタビューから始まる。

構想力はあったんじゃないかな?
まぁその一戦だけかもしれないがね。竜王戦だったよ。


166 :名無し名人:03/08/12 13:58 ID:CAAMphmT
>将棋って強くなっても(アマは)ほとんど報われないし

強ければアマでもタイトル戦に出れるでしょ?


167 :名無し名人:03/08/12 14:34 ID:vLb+m++c
ヅラノートの197,198ページ見て
村山の序盤感覚はすげーと思った。

168 :名無し名人:03/08/12 14:59 ID:uC4a1Cca
アマには四間党が多いので藤井が支持されるのは判るが、藤井は塚田クラス。
佐藤、森内とは行かなくても村山は丸山以上。丸山の角換わりは無敵と言われたが、それに受けてたってほとんど負けなかったのが村山。

169 :カニタマ ◆Kani1ko5Z2 :03/08/12 15:11 ID:JgZUFkFK
>>167
それを忘れていた・・・・
村山九段の全集買ってならべます

170 :名無し名人:03/08/12 15:41 ID:YbYVIg6g
>>169
その前に読まずに放置されてる本から読みなよ

171 :カニタマ ◆Kani1ko5Z2 :03/08/12 16:01 ID:JgZUFkFK
>>170
一応棋書の積読は0冊
小説は30冊ほど

172 :名無し名人:03/08/12 16:09 ID:YbYVIg6g
そですか
失礼しました>>171


173 :名無し名人:03/08/12 16:31 ID:/kI2XFZW
>>142
オマイのNGワードが気になる。

174 :名無し名人:03/08/12 16:39 ID:YbYVIg6g
そういうことか

ネーム miya みや 神
ワード miya みや 神 耳つんぼ 

神をワードに入れたのがまずかったのかな

175 :名無し名人:03/08/12 16:40 ID:YbYVIg6g
当然ながら174の書き込みはあぼ〜んか
自分の書いた奴にも反応するとはお笑い種だな

176 :名無し名人:03/08/12 16:44 ID:/kI2XFZW
>>175
単語はマズイよ。
せいしん(漢字)<この程度であぼーんじゃ不便すぎだろw

177 :名無し名人:03/08/12 16:56 ID:YbYVIg6g
最近あぼ〜ん増えたから
みや大活躍だなと思ってた

気をつけます 

178 :名無し名人:03/08/12 19:30 ID:2zhAhtHN
>>168
しかし○ー村山の対戦成績は3-3くらいで
ほとんどかわらず。 ほとんど負けないたって・・・眉唾だな

179 :名無し名人:03/08/12 20:48 ID:VwXychcm
今生きてたら少なくとも森内よりは上。

180 :名無し名人:03/08/12 21:01 ID:f39FPqZA
将棋世界に載った追悼文は、先崎のより佐藤のが良かったと思う。もう一度読みたいが誰か持ってないかな。

181 :名無し名人:03/08/12 21:35 ID:eqT/wh1m
他の棋士と同じ条件で(=普通の体調で)戦うことができたならば
十分強かったはずだ、という仮定は成り立つと思うが。
>141
天王戦での話で(相手は谷川)、将棋は完敗だった。谷川には
分が悪かったが、王将戦第1局の終盤はとても見ごたえがあった。

182 :佐藤追悼文1:03/08/12 22:06 ID:40koI7pS
 村山死す、の報は8月10日、連盟で所用を終え、お昼を食べに行こうとした時に知らされた。
 私は彼の病状を詳しく知らなかったが、気にしてはいなかった。そんな事がある訳がない
と思っていた。彼と最後に会ったのは4月16日、羽生−森内の全日プロ決勝を観戦に行った時。
普段と変わりなく熱心に検討する姿があった。あれからわずか4ヶ月。本当に突然であった。
 彼との最初の出会いはいつだったか。小学生の時対戦している筈だが覚えがない。私が東京に
来たこともあり、彼の存在をはっきり知るようになったのは彼が四段になってから。程なく
私もプロになった。
 順位戦参加は同じ昭和62年。彼は一期で昇った。以来、追いついては離されをくり返した。
 彼とは2人で酒を飲んだり、遊んだりという事は一度もなかった。牽制しあう所があり、必ず
誰かをはさんで行動していた。麻雀は何回か打った。
 彼がA級になり東京に出てきた頃、彼が泥酔した事があった。私と滝先生(誠一郎七段)が
彼のマンションへ運んでいったのだが車中、ゲーゲーとやられて参った。私の新車なのである。
しばらく匂いが取れず困ったことがあったが今となっては懐かしい。

183 :佐藤追悼文2:03/08/12 22:06 ID:40koI7pS
 私の推測だが、私の将棋は全面的に彼に認められていなかったと思う。彼にとっては羽生さんしか
眼中になかったかもしれないが、何げない一言や行動でそれを感じていた。彼は即興の将棋は
嫌っていた。私の将棋は多少、そういう面を持っている。
 そうであれば仕方がない。手段は一つ。対局で盤を挟み、徹底的に叩きのめす他はない。私も
燃えたぎっていた。
 図は彼との最後の将棋。1月13日全日プロ準々決勝。ここから△8六桂▲8八香と進む。仲々
迫力ある応酬と思う。以下数転したが私が幸いした。感想戦が終わり私が席を立ち、廊下から
振り返ると彼がまだ座っていたのが印象に残っている。
 大舞台で当たる機会も多くなり、いよいよこれからしのぎを削ろうかという時。本当に残念で
ならない。合掌。

184 :名無し名人:03/08/12 22:10 ID:40koI7pS
将棋世界1998年10月号

追悼文一覧:

 谷川「もう2度と…」
 佐藤「村山さんのこと」
 羽生「突然の訃報」
 米長「純粋な棋士」
 郷田「村山君との思い出」
 先崎(無題)
 増田「ありがとうございました」
 山崎「心に残る人」

185 :名無し名人:03/08/12 22:10 ID:wIzNL4XY
文章としては先崎の方が数段上だけど、これはこれで佐藤らしさが出てる文章だね。

186 :名無し名人:03/08/12 22:48 ID:dXeCiP35
新車にゲロ吐かれて、即興将棋は認められなくて、「燃えたぎった」
というのは、勝負師らしくていいな。

187 :名無し名人:03/08/12 22:49 ID:WTkUzx8w
>>179
なわけねーだろ。

188 :名無し名人:03/08/12 22:50 ID:WTkUzx8w
>>181
いや、体が弱かったからこそ将棋に熱中し、感性と集中力が常人より
研ぎ澄まされたともいえるし、そんな仮定は村山にも失礼だ。

189 :名無し名人:03/08/12 22:52 ID:WTkUzx8w
>>183
さんくす。聖の青春に出てくるモテの心境描写の部分と
同じだな。大崎は追悼文からくみ上げたんだな。

190 :名無し名人:03/08/12 23:06 ID:vT38UyU+
> 谷川「もう2度と…」
> 佐藤「村山さんのこと」
> 羽生「突然の訃報」
> 米長「純粋な棋士」
> 郷田「村山君との思い出」
> 先崎(無題)
> 増田「ありがとうございました」
> 山崎「心に残る人」

偽善くさいタイトルばかりだな。
誰か本当のことを言うやつはいないのかね?
「髪はボサボサで無表情。何考えてるかわらない奇人だった。趣味が少女漫画
だと聞いて気味が悪かった。あまり付き合いたくないタイプ。」
これが彼に対する率直な印象だと思う。

うそ臭い言葉で追悼するやつらには反吐が出るね。
村山も嬉しくもなんともないだろう。







191 :名無し名人:03/08/12 23:13 ID:1w6NB2U+
ガキだな

192 :名無し名人:03/08/12 23:13 ID:ztmTuu2A

| 同じエサばかりだと釣れないモナ                ,
\                        ,/ヽ
   ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       . ,/   ヽ
   ∧_∧         ∧∧   ,/      ヽ
  ( ´∀`)        (゚Д゚ ) ,/          ヽ
  (    )   .     (|  |つ@            ヽ
  | | |   __ 〜|  |                 ヽ
  (__)_)  |――|   ∪∪                 ヽ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                ヽ
  /⌒\/⌒\/⌒\/⌒\|彡~゚ ゜~ ~。゜ ~ ~ ~ ~~ ~ ~~ ~ ~~ ~~ ~~
  ⌒\/⌒\/⌒\/⌒\/⌒\彡 〜 〜〜 〜〜 〜〜 〜 〜

193 :名無し名人:03/08/12 23:14 ID:7ufWu4PZ
>>190
お前のほうがよっぽど気味悪いんだけど・・・。

194 :名無し名人:03/08/12 23:15 ID:5OIjFXIc
どうして、羽生が一番に出てなくて、谷川や佐藤みたいなただの一冠棋士が先なの?

195 :名無し名人:03/08/12 23:16 ID:e02xN2MV
>>188
青野プロもあなたと同じようなことを言っていたと思うが、意味がよく分からない。
病気がなければもっと勝てたと思うのが、なぜ失礼にあたるのか。

将棋に熱中できたのは、体が弱かったからではなく将棋が好きだったから。
病気がなければ、存分に将棋に打ちこめたはず。
相当悔しい思いをしたはずなのに、病気がプラスに働いたみたいな書き方をされる方が、本人にとって不本意だと思う。

196 :名無し名人:03/08/12 23:24 ID:a1aemfHB
次は羽生タンの追悼文キボンヌ

197 :名無し名人:03/08/12 23:26 ID:jrjPytlV
>>195
いろんな考え方があると思うよ。
青野の発言がどういった類のものかはわからないけれども、
勝負士としての村山は「病気に負けた」って言われると悔しいと思うんだよね。
彼の名誉を考えるとおいそれと「病気が無ければもっと勝てた」なんて
いえないのかもしれないな。

198 :名無し名人:03/08/12 23:27 ID:WTkUzx8w
>>195
まあ、病気であるのも彼を形成したひとつの要素ということだが、
理解されない方にはしょうがない。

ひとついっておくと、石田流の創始者は石田「検校」であるということ。

199 :名無し名人:03/08/12 23:29 ID:WTkUzx8w
>>197
「村山に失礼」とはまさにそのことです。まあこっちは
口下手なもので。

村山に一級の才能があったのには疑いないが、
だからといってそれが将棋のトータルで丸山佐藤森内を上回る
というのはどうか、と思います。
郷田や森下クラスと思うのだが。


200 :名無し名人:03/08/12 23:30 ID:vT38UyU+
>将棋に熱中できたのは、体が弱かったからではなく将棋が好きだったから。

村山は将棋は好きじゃなかったんだよ。
「将棋を早くやめたい」って本人も言ってる。

将棋が好きだったっていうよりも彼には将棋しかなかったんだろ。
彼を見ればわかるが将棋以外できることがなかったのかもしれない。
社交性のない太ったアニオタだからな。普通の仕事は無理だろ。
将棋しかなかった。だからその残された道で頂点に立ちたかった。
「名人になって早く辞めたい」ってのが彼の本質だよ。
将棋はそれほど好きじゃないがめちゃめちゃ得意だった。
それが村山なんだよ。






201 :182:03/08/12 23:31 ID:40koI7pS
>>194
当時、谷川竜王、佐藤名人、羽生四冠、郷田棋聖だったから。

>>195
了解。
プロ棋士から見た村山の姿がよくわかるので、
ぼちぼちアップしまつ。
本当は師匠の森の文章が巻頭にあるんだけど、
長いから書き写すのはちと辛い。

202 :名無し名人:03/08/12 23:33 ID:WTkUzx8w
>>200
まあ病気であっても将棋オンリーじゃなくて
酒や麻雀もそうとうやってたからな。
○や三浦みたく将棋にマイナスなことは一切しない
とうわけでもなかったし。

だからそういうところも含めて村山という人間が形成されてる
訳だからね。(若くして死病に取り付かれて棋士生活が短命に終わった
のは不幸だと思うけど)

203 :名無し名人:03/08/12 23:35 ID:WTkUzx8w
>>200
あ、あるHPにあったけど
「聖の青春にはなかった描写だが実際は女性にはモテテいて
よくボウリング場でファンや女流棋士に囲まれて満悦だった」
なんてのがあった。ほんとかね。

204 :名無し名人:03/08/12 23:36 ID:f5WP9VZE
>>203
親しまれるのと、恋愛対象になるのは別っつー事だな。

205 :名無し名人:03/08/12 23:38 ID:WTkUzx8w
>>204
そういうことでしょ。社交性にイマイチ欠けていても(思ったことまんま言うとか)
本人はひっきーというわけじゃなかったしあれはあれで
愛されていたと。

206 :名無し名人:03/08/12 23:47 ID:e02xN2MV
>>200
棋士は体力的に楽と思っていたが、プロになってから違うことに気付いた。
本人がそう言ってた。
だから早くやめたいと言ったのであって、将棋が嫌いだからではない。

大体、将棋は嫌いだが名誉を得たいなどという動機で、あそこまでなれるわけがない。
将棋は好きじゃないと強くなれない。

207 :名無し名人:03/08/12 23:50 ID:WTkUzx8w
>>206
ま、ど素人は「村山が健康体だったら永世七冠だった」と
いってなさいってこった

208 :羽生追悼文1:03/08/12 23:51 ID:40koI7pS
8月10日、連盟で対局をしていると、昼休みに村山八段が亡くなられた事を知った。
 「そんな…」信じられない気持ちだった。
 結局、4月に広島で行われた名人戦イベントの時に会ったのが最後になってしまったのだが、
その時は楽しそうに検討に加わり、終局まで見ていたので、一年間、ゆっくり休養して来期から
再び対局を続けると思っていた。
 彼とは10局ちょっと公式戦で戦ったのだが、どれも重要な位置での対局が多く、印象深い将棋が多い。
 図はその中の一局で、平成9年2月、竜王戦の将棋から。(便宜上先後逆)この局面で、私は二歩得で、
△5八銀の狙いもあり、少し指しやすいのではないかと思っていた。
 ところが、ここで予想外の強手を指され、自らの形勢判断が甘かった事を気づかされた。
 それは▲3五飛で、△5八銀なら▲同玉△7八飛成▲5五飛、△4四銀なら▲3六飛△3七角成
▲同飛△5八銀▲同玉△7八飛成▲3九飛(実戦の進行)でどちらの変化も先手が良いのだ。
 この一手は大胆で鋭い彼の将棋の特徴がよく表れているように思う。

209 :羽生追悼文2:03/08/12 23:52 ID:40koI7pS
 もちろん、序盤の研究も深く、読みの正確さも高いのだが、勝負所を知る嗅覚の鋭さにはいつも
感心させられた。
 ある時、大阪で偶然、彼に会ったので、行きつけの定食屋さんに案内をしてもらった。
 将棋の事、好きな本や映画のことなど(彼は飄々と面白いことを言う)楽しい話を聞かせてもらったが、
帰り際、今日も連盟に行って将棋の勉強をするという。
 プロの世界だから毎日、訓練するのは当然のようだが、現実として続けるのはとても難しい。
 棋士としてこれからという時にさぞ無念だったと推察するが、一つだけ確かなことがある。
 彼は本物の将棋指しだったと。
 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

210 :名無し名人:03/08/12 23:52 ID:e02xN2MV
>>207
そんなこと言うのはきみだけ
なにとち狂ってるの?

211 :名無し名人:03/08/12 23:53 ID:WTkUzx8w
>>210
>なにとち狂ってるの?
まあ、この程度だと小サバってとこすかね(w


212 :山崎追悼文1:03/08/12 23:55 ID:40koI7pS
 「村山先生が亡くなった」突然の知らせだった。ウソダロ、ナンデダヨ。
 「ずっと体調が悪かった事は、”絶対に知られたくない”との本人の希望で知らせなかった」
心配されるのは好きじゃないみたいだった。病気がハンディだと思われるのや同情が大嫌い
みたいだった。「知られたくない」か村山先生らしいなっ。
 村山先生はお世辞の多いこの世界で僕が天才だのと言われ「オレが天才に見えるか天才が
多い世界だなー」とやになっている時「山崎君、弱いですよ」「山崎君も終わりかな」四段に
なってからも将棋を見て「山崎君、もうちょっと強かったと思ったけどな」と見たまんまを
言ってくれる人でやる気も出るしうれしい気持ちにさせてくれた。歯に衣着せぬ人だったけど
根がやさしいから村山先生を嫌いな人なんて聞いた事がない。
 よく僕達に食事をご馳走してくれた。焼肉屋さんに行った時ひょんな事から自由ってあるか
ないかの話になり僕達はあると言い村山先生はないと言い、あるんだって気持ちをぶつけると
ないんだって気持ちがバンと返ってきた。
 こういう時、年が若いとか関係なく気持ちをバンと返してくれた。

213 :山崎追悼文2:03/08/12 23:55 ID:40koI7pS
 「自由ないよ」って言ってた村山先生が一番自由に生きようとしてた気がする。
 音楽や本の話の時も「これメロディがいいんだよ」とか「これはね…」って熱心に思い入れなどを
話してくれた。なんに対してもいいかげんな思いいれはしないようで将棋に対しては特にそうだった。
 この前、村山先生の昔の記事を見た。
 「将棋は心が疲れる、負けた時は死ぬかと思う」「将棋に一生をかける価値はあるか」昨年
大手術をした時行ったら棋譜を並べてた。この言葉は本当の様な気がする。将棋に全力を出すとは
思うけど、負けたら死ぬと思うとか一生をかけるとか図のたった八一個の桝目と四〇枚の駒に…。
そこまでしないと全力を出すって事にはならないのか。どうやら相当自分は甘い考えをしていたみたいだ。
 しかしほんとに精一杯生きるんだって感じですごく魅力的な人だ。
 村山先生好きな人たくさんいるからたぶんみんなの心の中にずっと居るだろう。村山先生
ありがとうございました。

214 :名無し名人:03/08/12 23:59 ID:WTkUzx8w
文章はアホっぽいが兄弟子村山についてリアリティがある
文章だな>山崎(インタビュー筆記かな)

215 :名無し名人:03/08/13 00:01 ID:/lKd4si3
追悼文を、アップせて下さいました方。
お疲れ様です。
ありがとうございました。
当時を思い出し、しんみりとします。
村山君の思い出を肴に
今日は、一杯やりましょうかね。

216 :名無し名人:03/08/13 00:02 ID:maC/FMxt
なぜ、「終盤は村山に訊け」だったかの秘密が、病室のベッドの上でできる
唯一の将棋の勉強が「詰め将棋を解くこと」だけだったことを考えると、
「病気を抜きに終盤の村山」は考えられない。病気がなければ村山は
もっと強くなれかもしれないが、病気があったからこそ村山があそこまで強く
なれたのも事実なのだ。

それでも、村山が村山の実力を持ちながら普通の体力を持ち合わせいたなら、
という夢想を抑えられない。しょせんは「たら、れば」の世界でしかないし、
つきつめれば「今、生きていてくれたならば」ということだ。

対戦成績などにはうといのだが、佐藤の追悼文にもあるように
村山の格は元祖・羽生世代のトップランナーであり、
遅れてきた羽生世代である丸山・郷田・藤井というあたりが、
村山の活躍によってさらに遅れた羽生世代の深浦あたりの位置にまで
止めることがあっても不思議はないのではないかと思う。

彼らの取ったいくつかのタイトルは、当然に村山が持っていただろう。
その一つが名人位であっても不思議は無い。

「もし本当に名人位をとって、もしその日に本当に引退を発表したならば、」
そんな夢想はいささか「月下の棋士」の読みすぎといわれそうだが、
あの「月下の棋士」に出てくるような棋士が本当にいたなんて、
それはそれで大変なことだと思わないか。

217 :名無し名人:03/08/13 00:03 ID:eWCEgPr/
e? 誰が降臨したのだ?

218 :郷田追悼文1:03/08/13 00:34 ID:ihT4BUhh
 八月十日、将棋連盟で滝先生より村山君の訃報を知らされて、あまりに突然のことに言葉を失くしました。
一年、或はもう一年、体調を戻して元気に復帰してくれるものだとばかり思っていました。
 今年の初め、私が対局で大阪に行った時、遊びに来ていた村山君と、後輩の矢倉君と3人で麻雀を
打ちました。
 それが村山君との最後の思い出になりました。そのあと一度だけ会って少し会話を交わしたのですが、
それがいつだったのか、どうしても憶い出せません。
 村山君と初めて出会ったのは、昭和五十八年、彼が奨励会入会の二次試験で他の奨励会員と対局している
時でした。
 私は多分近くで対局していたのだろうと思います。あの独特の風貌に詰め襟の学生服姿が印象的でした。
 付き合い出すようになったのは、多分私が二十歳前後の頃からだったと思います。凄いスピードで四段、
そしてA級八段へと駆け上がっていった彼に、私はいつか追い付き追い越したいと、対抗心を持っていました。
奨励会では対戦がなく、公式戦も数える程ですが、対村山戦はいつも気合が入っていました。
 図は、そんな対村山戦の1コマです。

219 :郷田追悼文2:03/08/13 00:34 ID:ihT4BUhh
 逆転負けの悔しい一局でしたが、終盤、村山君が顔を紅潮させて、全身に力を込める様なその姿に、
少しは本気を出してくれたのかな、とも思いました。
 村山君が東京に住んでいた頃は、よく一緒に麻雀を打ちました。私の対局が終るのを彼が何となく待っている
風な時もありましたし、私が早朝に彼を呼び出したこともあります。
 麻雀を打っている時の村山君は、将棋と同様に勝負に厳しい一面を見せながらも、いつも実に楽しそうでした。
 私は彼のことが好きでした。盤上ではライバルであり、盤を離れれば仲間であり友人でした。それよりも
何よりも一人の人間として、私はムラヤマヒジリが好きでした。
 もう、あの天才と盤を挟むことがないのだと思うと、本当に寂しい。
 そしてあの笑顔を見ることも------。
 一度でいいから、大舞台でお互い本気を出して、思う存分戦ってみたかった。
 謹んで故人のご冥福をお祈り致します。

220 :米長追悼文1:03/08/13 00:35 ID:ihT4BUhh
 村山君に初めて会ったのは、十一年前の大阪の彼のアパートだった。当時は東には羽生四段という桁違いの
新人がいて話題になっていたのだが、西の村山聖も一歩も譲らぬ天才であった。六級から四段までを三年足らずで
駆け抜けたスピード出世は並の人間には果たし得ないものである。
 彼の目を見て、これこそ真しく”純”なるものだと、今でもその強烈な印象が新鮮さを失わずに残っている。
 アパートの一室には、マンガの本が山積みされていて、その数は五千冊くらいであったろうか。小学生だった
私の愚息を連れて行ったところ、その汚らしいホコリだらけのマンガ本に目を輝かせ、早速に読み出した。熱中して
読みふける子供の瞳も、恐らくは同一のものだったに違いない。
 新四段に夢と抱負を聞いてみた。
 「引退する事です」
 この世の中で、これ程驚いた一言は無かった。新人は爪を伸ばし、髪の毛も長い。周囲が注意しないと一ヶ月くらい
風呂に入らないという話だった。
 「せっかく伸びてくるのを切るのは可哀相じゃないですか」
 許されるのであれば髪は肩から腰の辺りまでは伸ばしたいらしい。
 「将棋は嫌いです」の一言にもたまげた。ゲーム感覚なら良いが、勝ち負けを争うのは性に合わないようだ。

221 :米長追悼文2:03/08/13 00:35 ID:ihT4BUhh
 この男は平安時代から、そのまま現代に生まれて来たかの如くに思ったのだが、今年度の将棋年鑑に彼の最後の
アンケートの回答が寄せられていて「もう一度生まれて来たいとしたらいつですか」との問いには、宇宙以前とある。
 同時に「今年度の抱負目標」については、たった一行。生きる、と書いてあった。この三文字に込められた
彼の願いを想えば涙を禁じ得ない。
 五年前、新幹線で上京する車中から私の自宅へ電話をして来た。これからお伺いしたいとの申し出である。棋士総会の
前日で、翌日は理事の改選の選挙があるから、当方も村山君の意図は読み取れる。電話の最中、彼は「あのうー、
あのうー」をくり返すだけで要領を得ない。
 「師匠の森信雄が出馬しますので、米長先生には是非ご協力していただきたく、これからご挨拶に参上します。
こういう話しか?」逆にこちらから意向を伝えると「そうです、そうです」と言う。
 「来なくても君の思った通りにするよ」
 純なる者に、世俗の泥をすすらせないのは、せめてもの先輩の配慮であろう。
 東京に住んできた頃には、既に病魔に肉体が蝕まれているのを知っていたが彼は、僅かな生活費の他は、ある団体に
寄付していたまでは知らなかった。
 本当に惜しい棋士だった。合掌。

222 :221:03/08/13 00:36 ID:ihT4BUhh
今日はここまで。
連続長文失礼しました。

223 :名無し名人:03/08/13 00:40 ID:zNgT8WLn


224 :名無し名人:03/08/13 00:41 ID:mIgM72ns

> 何よりも一人の人間として、私はムラヤマヒジリが好きでした。

ネタ?

225 :名無し名人:03/08/13 00:51 ID:7gHqKUEG
棋士同士で麻雀するとやっぱり長考したりするのかね

226 :名無し名人:03/08/13 02:19 ID:Mearf3le
>>224
ヒジリと読むエピソードが裏に隠れてそうだよね。

227 :名無し名人:03/08/13 05:48 ID:LcswakEn
さとしと読めなかったんかな
初対面のときひじり君と呼んだと予想

228 :名無し名人:03/08/13 07:30 ID:vZdZvhGA
わざわざカタカナで書いてあるところからすれば、なんらかの意味があるんじゃないだろうか。

229 :名無し名人:03/08/13 08:07 ID:zNgT8WLn
棋士の間では、ムラヤマヒジリってあだ名で呼んでいたよ

230 :名無し名人:03/08/13 11:16 ID:p5nSY8yx
天才っていったら東の羽生 西の村山だろ。

天才=強いではない。

231 :名無し名人:03/08/13 11:28 ID:Ff0NLGGl
> 「将棋は嫌いです」の一言にもたまげた。ゲーム感覚なら良いが、
>勝ち負けを争うのは性に合わないようだ。

ホラ俺の言った通りだろ。
誰だ?村山は将棋が好きだったとか言ってたやつは?
偽善は真実を見る目を曇らせる。
アホばっかりだ。あの世で村山に笑われてるよ。

醜いアニオタの村山はただ名誉を得たかっただけだろ。
将棋が好きなわけじゃないが才能があった。
だから将棋で世間を見返そうとがんばった。

好きでもない将棋を必死でやってたんだよな村山は。

232 :↓アホ:03/08/13 11:29 ID:Ff0NLGGl
193 名前:名無し名人[] 投稿日:03/08/12 23:47 ID:e02xN2MV
>>200
棋士は体力的に楽と思っていたが、プロになってから違うことに気付いた。
本人がそう言ってた。
だから早くやめたいと言ったのであって、将棋が嫌いだからではない。

大体、将棋は嫌いだが名誉を得たいなどという動機で、あそこまでなれるわけがない。
将棋は好きじゃないと強くなれない。

233 :196:03/08/13 11:56 ID:MwFwW/7D
>>222
神!タニーもオナガイ
 (´Д`;)、
  ノノZ乙

234 :名無し名人:03/08/13 12:54 ID:d7xqqohB
将棋世界の追悼文の中では郷田の文章に一番愛情を感じた。
逆に佐藤のはちょっと…。
別に棋士の地位の順番に書かせなくても、親しい棋士とかを選んで
書かせればよかったのにと思った。


235 :名無し名人:03/08/13 13:10 ID:Y+yPvM8V
世の中の半分は偽善で出来ています。

236 :カニタマ ◆Kani1ko5Z2 :03/08/13 13:14 ID:U62zPJH4
偽善でも善なら(・∀・)イイ!

237 :名無し名人:03/08/13 13:16 ID:LDgVUqux
佐藤にとって村山との最大の思い出が「新車に吐かれた」ということ。
そういうことがはっきりと伝わってくる正直な文章ではある。

238 :名無し名人:03/08/13 13:56 ID:ypvOzZbx
ID:Ff0NLGGl
必死な万年級位者が妄想を晒しております。
そんなこと言ってるからいつまでたっても将棋が弱いんだよアホ


239 :名無し名人:03/08/13 18:27 ID:t5YYqGXt
佐藤の文章は何を書いても嘘がないという気がする。
先崎、郷田のより漏れはいいと思う。

240 :名無し名人:03/08/13 18:58 ID:vZdZvhGA
>>239
先崎のは名文だと思うけどな。

佐藤は文章が下手すぎてワラタ。羽生さんも下手。
この二人にいえることは将棋を抜いて村山という人物に対し
なんの興味も無かったと思える部分。
それだけにいきなり寄稿せねばならずあわてて書いた駄文という感じ。
山崎のはその際たる例だと思う。まあ年齢を考えるとしょうがない。

このあたり米長はさすがだね。

241 :名無し名人:03/08/13 19:04 ID:LcswakEn
米長のうまさはいやらしいほど
こっそり自分の好感度もあげてるし

242 :名無し名人:03/08/13 19:06 ID:LcswakEn
>>239
書き方がむかつく
叩きのめすとか 
余程嫌いだったとみた



243 :カニタマ ◆Kani1ko5Z2 :03/08/13 19:11 ID:U62zPJH4
文章読む限り嫌いのようだw

244 :名無し名人:03/08/13 20:08 ID:a5ox8uAb
立場の違いだな、競争相手と思っていた人と相手にもされていなかった人との。

245 :名無し名人:03/08/13 21:23 ID:JXdbbPAG
>>242
まあ、モテも挑発に乗るタイプ(つーか意地になるタイプ)ですから。

246 :名無し名人:03/08/13 22:54 ID:mXXKTOIU
文章をアップして頂き、本当にありがとうございます。
個人的には、郷田さんの文が好きでした。
お時間あるときでかまいませんので、谷川センセのもアップして頂けると嬉しいです。

247 :名無し名人:03/08/13 22:58 ID:JXdbbPAG
>>246
たしか最後の方に「(B1順位戦、死闘で有名な)
丸山―村山戦の棋譜は絶対並べて
彼の将棋に対する思いを感じ取って欲しい」とか
言ってたような。

248 :谷川追悼文1:03/08/13 23:20 ID:ihT4BUhh
 棋士は誰でも、「名人」に対して特別な思いを抱いているが、村山君ほど名人になりたいという気持ちが
強かった棋士は居なかったのではないか、と今改めて思う。
 師匠である森六段にも、「名人になったらやめる」と話していたとか。
 腎臓の持病を抱えていた彼は、自分に与えられた時間が他人より少ない事を、敏感に感じていたのだろう。
 昨年の6月に手術を受けた村山君は、一ヵ月後、順位戦に復帰する。抽選をしてからではもう休場はできない。
万全の体調には程遠い形だったが、村山君にとっては、ここで休むと名人から遠ざかってしまう、の思いだけ
だったに違いない。
 7月14日、その丸山七段との一局は壮絶な戦いだった。読者の皆さんも、この一局だけは絶対に盤に並べて、
彼の名人に賭ける執念を感じ取って頂きたい。
 そしてそれが、村山君に対する一番の供養になると思うからである。
 私は村山君とは十八局戦っていて、一番多いはずである。愛称は割合良かったのだが、順位戦だけは二局
しっかりと負かされた。

249 :谷川追悼文2:03/08/13 23:21 ID:ihT4BUhh
 A図は、平成7年11月7日、A級順位戦。ここから▲9一角△同玉▲8三香成の順で寄せられた。
 この勝利で村山八段は三勝二敗と白星を先行させ、挑戦争いに参加している。
 また村山君は同世代の羽生さんに対しても強烈なライバル意識を持っていた。その証拠に対羽生戦は
六勝七敗の成績を残している。
 彼のタイトル戦登場は、第42期王将戦で私に挑戦した時だが、羽生さんの持つタイトルに一番近かったのは、
二年前、第46期王将戦だった。
 村山八段が三連勝、私が三勝一敗で迎えたリーグの行方を決める大一番は、平成8年11月22日に行われた。
 B図はその終盤戦。△5八飛成で一見即詰みのようだが、▲6八角が用意の逆王手。以下△4六歩▲6九銀
△4七竜▲5七角打と進み、形勢不明の終盤戦が続いた。
 この直後に私が悪手を指し、結局負けてしまうのだが、179手、双方1分将棋で指し続けたこの一局は、
対村山戦の中でも印象に残っている。
 これで村山八段は四連勝。一敗者が居なくなった上に、この時点で村山八段自身も八連勝中と絶好調だったので、
挑戦者は間違いなし、と誰もが思った。私もあれだけの将棋を指して負けたのなら、とサバサバした心境だった。
 だが、この対局を境にして、村山君の将棋に粘りがなくなるのである。あるいはこの頃、体の変調に気付いて
いたのかもしれない。

250 :谷川追悼文3:03/08/13 23:21 ID:ihT4BUhh
 リーグ終盤に崩れて、結局プレーオフに。その一局も精彩がなく、あきらめていた私に挑戦権が転がり込んできた。
 ただ、その私も七番勝負では羽生さんに四連敗。口には出さなかったけれど、自分の夢を奪っておいて、ストレート
負けで帰ってくるなんて、と内心怒っていたはずである。今となっては、その事を謝る事もできなくなったが-----。
 村山将棋と言えば、終盤力が有名だったが、私が対局した感じでは、卓越した序盤のセンスに特徴があったように思う。
 毎日のように将棋会館に顔を出し、昼間は棋譜を並べ、夜になれば今指されている将棋を研究する。
 大阪に住んでいた時はもちろん、東京に移った二年間も、将棋会館に一番近い所に住んでいた。正に将棋漬けの
人生だった。
 最後に会ったのは4月16日。大阪の芝苑で、全日本プロ第二局、羽生−森内戦が行われた時だった。
 「休場中の身なんだから、早く広島に帰って静養したら----」と言おうと思ったが、やめた。
 彼も、大阪に残って将棋を指し続けたかったはずである。
 来年の4月には、また元気な姿を見せてくれると信じていたのだが----。
 あの、人なつこい笑顔を見る事はもうできない。
 そして、胃が痛くなるような終盤のねじり合いを彼と戦う事もできないのである。

251 :増田追悼文1:03/08/13 23:22 ID:ihT4BUhh
 村山さんと初めて出会ったのは15年前。南口九段の将棋教室にいると、森信雄師匠と村山さんが遊びに
来られた。中学2年の村山さんは一人黙々と詰め将棋を解いていた。この時まさか自分の兄弟子になって
面倒を見て頂く人だとは思わなかったので、「今、何段」とか「奨励会は受けるの」とか気軽に聞いていた。
会った印象は、とてつもなく将棋が強そうな雰囲気が漂っていた。
 初めて将棋を指してもらったのは村山さんが奨励会の5級で、僕が研修生の時だった。師匠から将棋を
指してあげてくれと言われて、村山さんは渋々指してくれた(見たいテレビがあったらしい)。
 村山さんが奨励会の有段者の時は、連勝すれば必ず食事をご馳走してくれた。今考えると、将棋に勝てば
人一倍うれしくて、負ければ人一倍くやしかったのだと思う。しかし、これ程将棋を指している時は勝負に
厳しく、将棋を離れると繊細で思いやりのある人は珍しいと思う。特に、相手の気持ちを察するのが鋭かった
ように思う。勝負に厳しいといっても、相手を睨んでこの野郎というのではなく、将棋盤を睨んで真理を
追求するタイプだった。

252 :増田追悼文2:03/08/13 23:22 ID:ihT4BUhh
 数えきれない思いでの中で一番うれしかったのは、僕の四段昇段パーティーの時、打ち合わせも何も
なかったのに、自ら壇上に上がってスピーチをしてくれたのが忘れられない。
 印象に残っている将棋は、村山さんが膀胱癌の手術をした後の復帰第一戦目。対丸山七段(当時)の
順位戦である。この日は、師匠から、村山さんが心配なので終わるまで待機している様に言われていた。
控室のモニターには図の局面が映っていて、村山さんの勝勢である。夜中の1時半頃だったと思う。体調が
万全の人でも意識が朦朧とする時間である。「終盤は村山に聞け」と言われる程、絶対的な終盤力を持ってしても、
手術後、この時間まで指してる事自体、無茶である。午前1時43分、村山さんは逆転負けしてしまう。
 命を削ってまで将棋に打ち込んだ村山さん。あまりにもあっけない。僕は、天才村山八段の弟弟子で本当に
幸せでした。大変お世話になりました。

253 :名無し名人:03/08/13 23:42 ID:JXdbbPAG
まだ弟弟子で安用寺のがないけど、当時はまだ奨励会だったんかな

254 :森追悼文1:03/08/13 23:45 ID:ihT4BUhh
 昭和57年9月、お母さんに連れられて、関西将棋会館の道場で会ったのが、村山君との初めての出会いだった。
 ワイシャツの袖をまくり上げ、足元を見ると裸足で、「靴下をはかんとあかんぞ」
 「この子は冬でもこうなんです」
 ネフローゼのせいで、ふっくらしていて、すでに独特の風貌だった。
 ひと目みて、弟子にすることに決める。今にして思うと不思議な縁だった。
 奨励会入会試験は合格したが、私が師匠になることで、厄介な問題が生じ、結局、自主的に入会を見合わす結果に
なってしまった。
 事情を知らない私の軽率さはあっても、大人の問題で、子供の村山君には関係ないこと。
 そう説得してまわったが解決できず、悩んだ末に折れてしまったのだ。
 「なんで、なんで奨励会に入れないの」
 村山君はワンワン泣き出し、今もこのときの姿が目に浮かぶ。このとき、決意した。
 「一年待てば堂々と入れるから、私にそれまで責任持ってあずからせて下さい」
 このときの事はもう過去の事なので、つらかったなあという印象しか残っていないが、それ以上に、村山君との
運命的なものを感じる。

255 :森追悼文2:03/08/13 23:46 ID:ihT4BUhh
 私は当時独身で、関西将棋会館の近くに住んでいた。
 村山君が初めて家に来た日、さっそく盤駒を取り出し、パチンパチンとたたきつけるように棋譜を並べ出した。
 お母さんに聞くと広島の家でも毎日、「名人になるんだ!」と叫びながら、勉強していたそうだ。「駒音を静かにな」。
 ある日、私の家で研究会をしていて、学校から帰った村山君と一局指す。横歩取りからの手将棋で、早指しで
野性味のある将棋と思った。私の必勝形になった瞬間、王手をうっかり、村山君がさっと私の玉を取った。みんな
あっ気に取られ「師匠の玉を取る弟子がいるか」。
 村山君は狭い机の下にフトンを敷いて、もぐり込んで寝ていた。初めの頃、私が手料理を作ったが、まずくてやめる。
一度、食事の片付けで洗いものをさすと、「森先生、手がきれいになりました」。
 学校から帰るとすぐ連盟道場に行き、私が迎えに行って、食堂で夕食を一緒にしていた。
 私が夜遅くまで麻雀をしていると、雀荘まで村山君が来て「先に帰って、寝ときや」と言っても待っていた。子供の
頃から病院生活が長かったせいか、ひとりで寝るのをさみしがっていたようだ。
 ある晩、40度近い熱が出た。氷で冷やすのだが、「森先生、今、何度ありますか?」
 「うん、39度やなあ、大丈夫か」
 しばらくして「今何度ですか。42度になったら、僕死にます」体温計をみると、41度を超えていたが、「うん、
40度やなあ」とごまかした。朝方、熱が引いた。
 一度、散髪に行かないので、髪の毛をつかんで引っ張っていったことがある。泣きながら抵抗したが、これに凝りたのか、
たまに行くようになった。
 二人とも風呂が苦手、顔を洗わない、歯を磨かなくても平気、奇妙な同居生活だった。
 会館ですれ違うと、村山君が私を見て「まずい」と姿をかくし、何でもないのに「こらっ」が二人のあいさつだった。
 とても愛敬があって、人気者だった。体調のことは、いつも油断できなかったが、いつのまにか弟子以上のものを
感じるようになった気がする。
 一年たち、奨励会入会試験も無事にクリアし、やっと村山君の棋士人生がスタートした。

256 :森追悼文3:03/08/13 23:46 ID:ihT4BUhh
 奨励会に入り、休むことが多かったが成績は抜群で、どんどん昇級していった。
 病院から奨励会に出たこともある。そんなときは、広島からお母さんが来て、身の回りの世話をしていたが、たまに
交代で私が病院に行き、いやがる村山君のパンツを洗濯したこともあった。
 少女漫画を頼まれ、大阪まで、探し回ったこともあるが、血生臭いのはきらっていた。
 爪を伸ばし放題だったのも、「伸びてくるものを切るのはかわいそうだから」、やさしさと慈しみの気持ちの表れだった
と思う。
 子供の頃、入院生活の病棟で、死んでいく子を何人も何人も見て育ったことも、村山君の人を見る目、人生を見透かす目を
養ったのではないかと思える。
 村山君の症状をめぐり、御両親、主治医の先生と、常にどういう判断をして、どう選択していくか、その話し合いの
繰り返しだった。
 そして何より本人が、病気で制約された自らの人生をどう切り開いていくか、闘いと葛藤の毎日だったかもしれない。
 今年の5月、ガンが再発して入院したとき、一切を伏せていた。病室の名札もかけず、電話も、外でしていたそうである。
 誰にも知らせるな、死去の際も密葬にするようにと、毎日のように言っていたらしい。
 師匠にも知らせるなと聞いたとき、ちょっぴりつらかったが、村山君に何か考えがあってのことだろうと従うことにした。
 御両親も迷っただろうが、ある日、電話で再発のことを知らされ、ショックを受けた。
 食べてもすぐ吐き、40度の熱が出る日が続いた。痛みに耐え、薬にも頼らず、自分のからだで治そうという強い意志で、
ガンと闘った。
 今年一年休場して、来期にかける目論見は無残に村山君を引き裂いた。
 40日間、放射線の治療を受けた甲斐もむなしく、転移した。
 私は村山君にはもちろん内緒で、御両親からときどき、症状を聞くことにしていた。
 そして、辛抱強く待った甲斐あって、仕事のついでにさりげなく立ち寄れば、という同意を得て、時期をみていた。
 村山君を裏切らないようにと思いつつ、早く見舞って顔をみたいの気持ちだった。
 平成10年8月8日、家から「村山君のお母さんから、さとし、もう駄目なんです」の知らせがあり、広島に向かう。
 電車の中の聞き取りにくい携帯電話が鳴って、訃報を聞いた。間に合わなかった。

257 :森追悼文4:03/08/13 23:47 ID:ihT4BUhh
 広島駅で出迎えてくれたお兄さんの車で、平安祭典に向かう。
 村山君はフトンの中で寝ているようだった。
 ふるえと悲しみが交錯して、白布に手がさわれず、泣きくずれるよりなかった。
 まるいほっぺにさわると、今にも起き出しそうで夢を見ているようだった。
 鼻の頭に汗が一滴あって、ただ眠っているとしか思えなかった。
 家族ではないけど、お通夜に出させてもらった。お父さんは「毎晩、毎晩、さとしと一緒にいる時間が、こんなに多かった
のは初めてです。この子は病院の生活ばかりだった」。
 ひとりでいる時間が長かったなあ、村山君、つらかったけど、よく頑張ったなあ……。
 お経を聞いている間、涙が止まり、静かな気持ちになった。
 8月9日、午前11時、お葬式にも出させてもらう。昨晩、御両親と村山君の遺影の写真を一緒に選んだ。テレかくしの
伏し目がち、ネクタイがずれ曲がっている、いつもの格好だ。凛凛しい表情の一枚を捜した。
 最後のお別れで、村山君にいっぱいの花を添えているときお父さんが「足の爪も伸び放題で……」となでてあげていた。
 遺髪を切ろうとしたとき、御両親が泣きくずれた。「さとし君、よく頑張ったね」。
 からだを蝕んだ悪魔ももういない。悔しいけど、これから静かな時間でゆっくり休んでな、村山君。
 脱水症状、腸閉塞、最後まで痛みに耐え、病気と闘い、復帰する執念を捨てなかった。
 痛みがひどくなり、医者がたずねると、ようやく「うん」とうなずいたそうである。点滴に薬を入れると、急に飛び上がる
ように「これは何?おかしい」と言ったそうだ。
 症状が悪化しても、ずっと意識があったが、眠るように意識不明になっていった。
 最後のうわ言で、「○○○、○○○、2七銀」と将棋の駒を符号で、二言、三言、話してつぶやいたと言う。

258 :森追悼文5:03/08/13 23:47 ID:ihT4BUhh
 平成10年、8月8日、午後零時11分、村山聖は永眠した。
 「満29歳の若さでしたが、その倍以上の人生を凝縮して生きてきたと、私たち家族は信じています。今まで本当に
有り難うございました」お父さんの言葉である。

 私は村山君との人生との関わりで、どれだけ彼を理解していただろう。
 とっても幼くかわいい面と、物事や人の心の奥を見透す、洞察のすごさの二面性が村山君にはあった。
 子供が好きで、やさしかった。
 「師匠は弱いですから」と、あまり一緒に飲んだことはないが、酒も麻雀も強かった。
 純粋さからくる一本気なところもあったが、常に村山流の理詰めの考えによるもので、納得させられ、すべて任せていた。
 村山君が、真っ白いお骨になっても、近くにいる、まだ遠くにいっていない気がしてならない。
 帰りの車で別れ際、お兄さんが「さとしはいつも覚悟はしてたんですけど、復帰するつもりでした。最後まで、復帰する
ことをあきらめてなかったんです」。
 死んでも、村山君はいつも私のそばにいる、そう思うと、さみしくはない。
 村山聖は汚れのない生をまっとうした。
 戒智山聖英居士、さようなら。

259 :中倉彰男 ◆7pJ33AAkio :03/08/13 23:59 ID:d7QzQGJM
今年は将棋まつりには
村山さんの「大局観」の扇子持って行きましたよ。
これならば ほとんど間違いないですからねぇ(w
最前列での観戦はそれなりに気を使います。
例えば、居眠りやあくびは論外ですが
あまりにも長時間空席にしたりするとトラブルこともありますよ。
大会に参加する若い人が、かばんで席だけ確保して
他人にどけられるのを見たことがありました。

260 :名無し名人:03/08/14 00:18 ID:GN4DFiDO
>>240
そんな読み方しかできない君に呆れるよ。
特に、佐藤の追悼文を読んで、どうやったら

>将棋を抜いて村山という人物に対しなんの興味も無かった

という感想を抱けるのか。そっちの方が不思議。

261 :名無し名人:03/08/14 00:21 ID:V3JiN17S
一度でいいから村山が羽生世代の一員としてタイトルに出て
獲得するところを見たかったな。

262 :名無し名人:03/08/14 00:24 ID:aN20Wm+H
森内 佐藤が惨敗するのをみるたび
村山ならと思ってしまうことが多くなった

263 :名無し名人:03/08/14 01:25 ID:wjuO8SXi
なんにせよ、非常に乙>追悼文を書き写してくれてる人。

264 :名無し名人:03/08/14 04:07 ID:bo8O7g+j
なんのかんの言っても羽生世代NO2の実力者だったもんなぁ
しかも病気持ちで満足に将棋も指せないのに

265 :名無し名人:03/08/14 04:45 ID:0zyP7d4l
村山より佐藤康の方が実績では断然上だと思うが。

266 :名無し名人:03/08/14 05:09 ID:Kz1Rvzr9
谷川も最年少名人の20歳の時死んでいれば・・・・

267 :名無し名人:03/08/14 06:28 ID:onScs50A
谷川より373の方がry)

268 :名無し名人:03/08/14 06:29 ID:aN20Wm+H
373より屋敷のが(ry

269 :名無し名人:03/08/14 06:52 ID:sg+4AzSG
こういうネタがでてくるってことはスレの寿命ってことか

270 :名無し名人:03/08/14 08:05 ID:9bJTYKmr
ていうか、モテは村山を正直嫌ってたと読み取れるが。

271 :196:03/08/14 10:19 ID:HiQJBEzC
>>248-258
乙。
ちょうどお盆だしええ供養になりますなぁー。
>>1もほんとに(・∀・)イイタイミングでスレ立てたもんだ
追悼文も完成?し屈指の名スレに昇華しますた

272 :名無し名人:03/08/14 10:47 ID:Ql8SqDUt
ちと古い漫画だが、小池一夫・池上遼一「赤い鳩 アピル」
に出てきた剣豪・河上彦斎の顔は間違いなく村山がモデルだと思う。

273 :名無し名人:03/08/14 13:20 ID:OgA/Qwrl
森内、田村あたりの追悼文はないの?
一二三とかさ。

274 :名無し名人:03/08/14 13:31 ID:G1GmRmQU
>>270
モテは意外と神経質なのかもしれない。
普段の言動から思想の違いを感じて、牽制しあってたんだからね。

この世代で、羽生と村山を天才と言う人もいれば、羽生と佐藤と言う人もいた。
モテは羽生にさえ勝ってればかなりのタイトル獲ってるはずなんだけどなぁ・・・

275 :名無し名人:03/08/14 23:49 ID:KMhu36bR
追悼文をアップして頂きまして本当にありがとうございました。
谷川センセのを読んでみたかったのですが、
やはり師匠の森さんの追悼文にしみじみときました。
読むことが出来てよかったなと思いました。

長文で大変だったと思いますが、本当にありがとうございました。
御礼まで。

276 :名無し名人:03/08/15 02:06 ID:NEzkNg2k
関西将棋連盟のHPで、村山特集。
http://www.kansai-shogi.com/webmagazine/8-4.htm

277 :名無し名人:03/08/15 02:33 ID:ezMx5Igl
追悼文のうp、心から乙。
しみじみ泣けてきました。

278 :名無し名人:03/08/15 03:47 ID:GILZ0aGZ
たにーの追悼文は、ともかく順位戦の丸山戦の棋譜をならべてほすぃという
ことだったよ。あと行方が、観戦記かなんかになみだがとまらんかったみ
たいに書いていたわな。ヨネのが、なんともヨネらしいというか、そういう
文章だったな。オレはキウイはそんなに好きじゃなかったんだが、この文章
読んで見直したって言うか、けっこうファンになったよ。

279 :名無し名人:03/08/15 04:32 ID:+IVBpxLN
>>276
へえー。関西将棋連盟のHPっていろいろやるなあ。
がんばっててえらいね。

280 :名無し名人:03/08/15 09:15 ID:7HIK6jkU
>>250
 ただ、その私も七番勝負では羽生さんに四連敗。口には出さなかったけれど、自分の夢を奪っておいて、ストレート
負けで帰ってくるなんて、と内心怒っていたはずである。今となっては、その事を謝る事もできなくなったが-----。

谷川らしい文章だね。「ファンの方にも、羽生さんにも申し訳ない」に通じる。

281 :山崎 渉:03/08/15 10:11 ID:tNR3/7pk
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

282 :名無し名人:03/08/15 15:13 ID:XERSSXBI
良スレ保守

283 :名無し名人:03/08/15 15:31 ID:NEzkNg2k
村山と羽生世代の対戦成績。

対羽生 6勝8敗(1不戦敗)
対佐藤 4勝6敗
対森内 10勝6敗(1不戦敗)
対丸山 5勝4敗
対郷田 1勝5敗(1不戦敗)
対藤井 2勝1敗
対先崎 2勝2敗

284 :名無し名人:03/08/15 17:00 ID:et2aZqNO
郷田にそんなに負けていたとは意外だ。
美形に対するコンプレックスがあったのかなw

285 : :03/08/15 17:35 ID:Hm4+nEip
これを見ると佐藤丸山森内といったあたりと同格という感じだね。


286 :名無し名人:03/08/15 17:38 ID:8nO2W5LD
郷田は友達かなと思ってたが
対戦成績を見ると
お得意様を大事にしてたようにも思える

287 :名無し名人:03/08/15 17:44 ID:Hm4+nEip
>私はムラヤマヒジリが好きでした
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

288 :名無し名人:03/08/15 18:48 ID:bhwFizOg
生きてりゃ1個くらいはタイトル取ってたろうな。

289 :名無し名人:03/08/15 21:48 ID:3YR1pcNt
亡くなる直前は、佐藤みたいな将棋で名人ならワシでも、と思っただろうね。

290 :名無し名人:03/08/15 23:14 ID:vGsFiMnz
>>283
同世代じゃないが森下と島が苦手だったことも書いておけ

291 :名無し名人:03/08/15 23:19 ID:8nO2W5LD
島とは五分だよ

292 :名無し名人:03/08/15 23:24 ID:vGsFiMnz
>>291
ああ、島が強かったのは順位戦での話か>A級で2勝0敗

293 :名無し名人:03/08/16 03:50 ID:igK+UoFZ
283以外で村山の苦手な棋士。

対谷川 4勝14敗(1不戦敗)
対中原 4勝12敗
対米長 3勝 9敗
対高橋 2勝 7敗
対森下 6勝10敗


294 :名無し名人:03/08/16 04:04 ID:0eOzErTM
苦手って言うか
彼らは強かったしね



295 :名無し名人:03/08/16 04:16 ID:igK+UoFZ
しかし羽生世代とは大体互角なんだから、やっぱり苦手と言うべきなんでは。


296 :名無し名人:03/08/16 04:43 ID:GimPKNpM
生きてりゃ森下ぐらいタイトル取ってたろうな。

297 :名無し名人:03/08/16 04:48 ID:h8IOykrO
では、得意にしていた棋士も。
阿部、井上、内藤との対戦成績を見ると、
谷川に次ぐ関西No.2だったことは間違いなさそう。

対阿部 7勝3敗(1不戦敗)
対井上 7勝2敗
対内藤 9勝3敗
対三浦 4勝0敗
対加藤 3勝1敗


298 :名無し名人:03/08/16 05:46 ID:rMi5BXYN
やはり>>296は突っ込んで欲しいのかな?

「おいおい、森下ぐらいって言ったらつまり・・・」

299 :名無し名人:03/08/16 08:23 ID:4iBfCa66
名人挑戦はタイトル扱いだっけか?

300 :名無し名人:03/08/16 08:45 ID:q72mqh83
5回以上タイトルに朝鮮して取れなかったら
かわいそうだからタイトル1個扱い。

301 :名無し名人:03/08/16 09:19 ID:A1Ehurns
>>298
ボケにマジレスカコワルイ

302 :名無し名人:03/08/16 09:34 ID:7oSw8kMe
>>301
ボケにつっこむのは当然だろ。
ただしつっこみ方が甘すぎ。0点

303 :名無し名人:03/08/16 09:37 ID:0eOzErTM
ぼけた香具師は突っ込んでくれた人に
感謝すべきなんだよ

304 :名無し名人:03/08/16 14:59 ID:c7JddZTA
ボケたのに、ツッコんでくれないと寂しいよね。
>>298は、イイひと。


305 :名無し名人:03/08/16 16:30 ID:EnYxS6q5
村山って年収はいくらくらいだったの?

306 :名無し名人:03/08/16 16:32 ID:A1Ehurns
>>305
A級棋士のころなら給料+対局料で1500はくだらない
と思われ。

307 :名無し名人:03/08/16 16:33 ID:0eOzErTM
A級ってだけで1500〜2000万弱は貰えそ

308 :名無し名人:03/08/16 16:34 ID:4cQAgLLH
少なくともA級5強に次ぐ位置にはいたと思うが

309 :名無し名人:03/08/16 16:53 ID:EnYxS6q5
なんで将棋って地味なのに給料高いの?謎。
Jリーガーよりも貰ってると思う。

310 :名無し名人:03/08/16 16:58 ID:YpwuTFCc
>>309
一流のJリーガーと一流の棋士を比べたら、Jリーガーの方が
多いだろう

311 :名無し名人:03/08/16 17:02 ID:0eOzErTM
Jリーグおもしろいか?
サッカー好きだから欧州のリーグは見るけど
Jリーグはプロとは思えない
野球もレベルの割りに給料多いね

312 :名無し名人:03/08/16 17:09 ID:igK+UoFZ
サッカーは選手寿命短いからな
生涯収入では、棋士>Jリーガーだろう。

313 :名無し名人:03/08/16 17:11 ID:CcEKWOD4
>>311
Jリーグは一流外国人の圧倒的な強さ。
若手の育つ土壌として見ればかなり面白い。

結局給料はどれだけ多くの人にそれが愛されているかって事でしょ。

314 :名無し名人:03/08/16 17:15 ID:A1Ehurns
まあこのへんでJとの比較は閑話休題ってことで。

野球板とかによくいるサカオタ嵐の可能性もあるしな

315 :名無し名人:03/08/16 17:17 ID:p7/jmmt0
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Rodos/8066/guestbook1.html

316 :名無し名人:03/08/16 17:31 ID:h8IOykrO
ちと古いが1999年獲得賞金ベスト10

1.羽生四冠 7872万
2.谷川棋聖 6769万
3.佐藤名人 6355万
4.藤井竜王 6146万
5.丸山八段 5228万
6.郷田八段 3801万
7.森内八段 3138万
8.中原永十 2377万
9.森下八段 2144万
10.島八段 2071万

ちなみに1998年は、羽生が11466万、
谷川が9539万で断トツ。

317 :名無し名人:03/08/16 18:51 ID:YpwuTFCc
>>316
タイトル保持者を除くと意外に低いんだね。
給料格差が開いてる現在、エリートリーマンでも2000万もらってる
ひとって結構いると思うんだけど。


318 :名無し名人:03/08/16 21:48 ID:7oSw8kMe
>>317
棋士は副業があるからね。
あくまで獲得賞金ランキング(+対局料)
じっさいは上位棋士ならば講演料、原稿料等だけでも食べるには困らないくらいは稼げる。


319 :名無し名人:03/08/17 01:58 ID:lv8w3rqZ
村山本人は、テレビ将棋の解説をすめのが好きだったそうだが、
体調不良で直前に断ってから、声がかからなくなったことを悔やんでいた。
まあ、確かに聞きやすいしゃべりではなかったから、それ影響していたかも知れないが。

320 :名無し名人:03/08/17 02:35 ID:pSjVqEDo
「驚きももの木20世紀」の村山特集のビデオを
見返してみたら、ムラヤマヒジリのエピソードが
出てきた。

郷田いわく、仲間内で村山はヒジリちゃんと
呼ばれてたそうだ。

321 :名無し名人:03/08/17 18:15 ID:hZMlskQB
先崎「じゃあこんどからヒジリちゃんで」
郷田「ヒジリちゃん、かわいいじゃん」
田村「ヒジキセンセ、こんどおごってください」
村山「やめんか、肉丸のほうがまだましじゃ」
(そこではいってきたモテ)
モテ「あ、村山君・・・そうかみんなヒジキちゃん?ていうんですね」
村山「(・・・こいつ、絶対対局でいがめたる!)」

322 :名無し名人:03/08/17 18:27 ID:7utGqNGV
>>321
ナンカワラタ

323 :名無し名人:03/08/17 18:35 ID:hZMlskQB
田村のとこでしっぱいしてしまった・・ ふつうにヒジリだったのに

324 :名無し名人:03/08/17 18:36 ID:n+YtFE8D
ひじきって田村がいかにも言いそうで
違和感なかったよ

325 :名無し名人:03/08/17 19:43 ID:tXeTgXPG
ああ、村山君のスレが立っている‥
彼とはプロ入り前に何局か指したことがある。将棋が強くて、妙に落ち着いた小学生
だった。後年テレビ将棋で彼を見て、あまりの変わらなさに驚いた記憶がある。
ネフローゼのことは知っていたから、プロ入りしても四段は難しいと思っていた。
彼と最後に会ったのは20年前の夏、彼が帰省して広島将棋センターでバイトをしていた
ときだった。二段に昇段したとのことだった。その頃から私は将棋から離れたので四段に
なってからの彼の活躍は余り知らなかった。5年前、出張先の本屋で見かけた将棋世界で
彼が世を去ったことを知った。同時に彼の戦績やプロ間での評価なども知った。

余命が短いから光り輝いたのか、光り輝くために余命を削ったのか。
それから毎年蝉の鳴く頃になると彼のことを思い出す。

326 :名無し名人:03/08/18 22:47 ID:DDqSkte5
書き込み減ったのはこの長文のせいか?
筆者責任とって思い出をもっと語るべし

327 :名無し名人:03/08/19 00:51 ID:EJQXx+E3
思い出に期待age

328 :325:03/08/19 04:48 ID:wdBDUgxs
>>326>>327
では、お言葉に甘えて‥
彼の実力は小学校六年生当時で既に県代表クラスだったと思う。もちろん同年代にライバルはなく
アマ二段程度の私などまるで相手にならなかった。それでも道場で顔を合わせると気軽に相手を
してくれた。唯一彼に勝ったのは県アマ名人戦予選だった。終盤三手連続で彼が寄せをミスすると
いう本当に拾い物の勝利ではあったが。
彼がアマ時代にこれといった実績を残していないのは、一日に何局も戦わなければならないのが
負担だったことと当時の広島のレベルが非常に高かったことが影響していると思う。後にアマ名人
になった田尻隆司氏は大学生で頭角を現し始めた頃で、宮本浩二氏は高校生で振り穴ばかりやって
いた。元観戦記者で彼を飛車落で負かすというとてつもない人もいた。こういった人たちと指す
機会があった事も後年の彼の飛躍に繋がっているのではないかと思う。

329 :名無し名人:03/08/19 14:47 ID:e93KCTRN
周りに強い人が居るってのは
慢心せずに努力できるわけで恵まれとる

330 :327:03/08/20 05:16 ID:cwXYAgvD
>>328
1回でも、村山に勝つとはスゴイ!!


331 :名無し名人:03/08/22 23:18 ID:Kzgy9DPd
ああ本当だ、村山くんのスレですね・・・
私は、広島郊外の村山くんと同じ団地に育ちました。
彼はずっと入院していたし、特別付き合いがあったわけではないけど
特徴のある容貌は子どものころから同じでよく覚えています。

ダンナが将棋キチガイなので、村山くんが棋士になったことを知りました。
山田久美さんが聞き手のころ、NHK杯の解説に出て、意外なぐらい良い声
だったのを思い出します。

私は将棋のことは分からないけど、短い人生で将棋というものにめぐり合った
村山くんは幸せだったのではないかと思います。

332 :名無し名人:03/08/23 00:01 ID:HJr+LzmE
ああ良スレだ・・・。

333 :名無し名人:03/08/23 01:04 ID:35LnRzw8
関西将棋連盟のページに、村山の全対戦成績が
掲載されてる。
http://www.kansai-shogi.com/webmagazine/8-5.htm

安易に体調と結び付けるのは村山に失礼だけど、
黒星がかたまる傾向は見て取れる。

334 :名無し名人:03/08/23 01:50 ID:vAVae/CE
団鬼六の「真剣師・小池重明」読んだ後、改めて「聖の青春」読んだらぶっ飛んだ。
この二人、出会ってたのか…。

335 :さようなら村山聖九段:03/08/23 02:00 ID:Yxz4pDVh
彼がなくなった時の将棋世界誌98年10月号の追悼文。
当時の谷川竜王、羽生四冠の寄稿も人柄がにじみ出ていてぐっとくるものがあるが、
友人でもあった先崎六段、郷田棋聖の文章には、リアルな叫びがあった。
 
「私は彼のことが好きでした。盤上ではライバルであり、番を離れれば仲間であり友人でした。
それよりも何よりも一人の人間として、私はムラヤマヒジリが好きでした。|
                         棋聖 郷田真隆

336 :名無し名人:03/08/23 02:10 ID:TA9IOlXW
>>333
体調次第ということなんだろうか。
波の大きさは屋敷並か?

337 :名無し名人:03/08/23 03:06 ID:Mp6mUHOI
むらやま ひじりなの?
さとしじゃないの?

338 :名無し名人:03/08/23 03:22 ID:NWSwRne2
>>337
>>320でガイシュツ

339 :名無し名人:03/08/23 08:31 ID:NWJscie7
s

340 :名無し名人:03/08/23 08:54 ID:jJ6owuRm
>>333
調子がいい時はこんなに凄い。

1995年
10.18棋王戦有吉道夫○
10.24王将戦郷田真隆○
10.27王位戦安恵照剛○
11.7順位戦谷川浩司○
11.15王将戦森内俊之○
11.20王将戦丸山忠久○
11.24王位戦屋敷伸之○
11.28棋王戦米長邦雄○
12.4順位戦森下卓 ○
12.7王将戦有吉道夫○
12.11王位戦藤井猛 ○

341 :名無し名人:03/08/23 10:28 ID:JIZIW9Th
思い出、エピソード期待してます。
本になっている分、あまり重いのはちょっと・・・
という気がする(個人的だけど)
>>325さんみたいに、さらっとしたのはいいねぇ。



342 :名無し名人:03/08/28 21:24 ID:gzbaqvgX
[将棋・ドキュメンタリー]驚きももの木20世紀『29歳で亡くなった天才棋士−村山聖九段』(DivX5.02).avi
236,614,344 7b3af7127d54f421ae937343a5af2927

343 :名無し名人:03/08/30 20:51 ID:eGCPVWst
あげ

344 :名無し名人:03/08/30 20:59 ID:cVwwFwkk
>>342
おいおいw

345 :名無し名人:03/08/31 22:47 ID:jbf1QoSB
自分語りキモ

346 :名無し名人:03/09/14 01:28 ID:aC9rJ5eQ
知ってるつもりも頼む!

347 :名無し名人:03/09/14 22:59 ID:e2oBtUis
初タイトル挑戦のときの村山の晴れ姿がメチャクチャ良かった、今でも時々思い出すよ。
ワガママなところと不器用さがまた良かった。将棋が鬼のように強いガキって感じだった。

348 : ◆2Yx/dlBGBk :03/09/14 23:09 ID:A2BVRoLh
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |次でぼけて!!!! |
  |_________|
     ∧∧ ||
    ( ゚д゚) ||
    / づ Φ


349 :名無し名人:03/09/14 23:12 ID:7IeOmzca
いつだったか忘れたけど、高橋道雄って村山の体調が最悪なときに強烈な時間攻めを
かましたんだよね。その後村山の状態がメチャクチャ悪化したってことあったよね。
勝負の世界だから、厳しいのはわかるけどな〜。村山のファンでなかったけど、高橋がメチャクチャ嫌いになったのを思い出した。


350 :名無し名人:03/09/14 23:14 ID:y4vHUyII
>>349
高道でそれなら○は人殺しだな(w

351 :名無し名人:03/09/14 23:18 ID:1TjMahey
>>348
結局 印象に残ったのはあの眉毛だけだな

352 :名無し名人:03/09/14 23:29 ID:+l3TVf69
>>350
おいおい○を人殺し扱いするな。
高橋みたく時間攻めしてないし、棋譜見るとわかるが強烈なねじりあいで、
逆転の連続のすごい将棋だったべ。
その戦いはB1順位戦の2回戦(だったかな)でお互い大事な一番だったべ。
逆に

353 :名無し名人:03/09/14 23:38 ID:7IeOmzca
○との順位戦のこといってたのか。あれは内容的には長くなってもしょうがない将棋だったんじゃなかったっけ。
高道との試合はどうしようもない内容だったような気がすんだよな〜。たかが将棋だけど相当、頭にきたのを覚えているから。


354 :川 ’ー’川 ◆habuta/OyU :03/09/18 03:22 ID:QOkNGXTe
本多冨治氏死去 故村山聖九段を発掘したアマ棋士
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=SBS&PG=STORY&NGID=mour&NWID=2003091701000457

355 :名無し名人:03/09/18 19:04 ID:X2T7sRzZ
おや、村山スレがあがってる。  皆、村山が好きなんだね。

漏れが、ジンときたのは、

ガンの手術で、医者が痛み止めの麻酔を打とうとしたら、村山が頭
(将棋と言う意味))に影響するからと言って拒否した話。
確か「聖の青春」  そこまで賭けてるのか、う〜んと、思ったよ。

将棋は彼にとって生きる事そのもの、存在の証明だったのだろうね。

>>86
>髪も爪も「日々伸びて行く」ことに、「成長するもの」「生きているもの」
>の一つとして愛おしさを感じていた、というようなことが「聖の青春」に
>書いてあったような。
子供の頃から一緒に入院していた子供たちが死んでいくのを見たり、
自分自身が20歳迄生きられないと言われたりしてから、命あるものを
大切にしたいと言う気持ちが伝わって、本を読んでる時思わず涙。

356 :名無し名人:03/09/18 19:09 ID:d/e4Fo0o
髪の毛や爪を切りたがらなかったのはただ面倒くさかったからだと思うが
風呂にだってなかなか入らなかったんだから

357 :名無し名人:03/09/18 20:01 ID:bEviDib6
良くも悪くも不世出の怪童でした。合掌

358 :いくら ◆.aIKURaiPU :03/09/18 20:06 ID:Y7SrCjWS
佐伯対天空って高橋対村山がモデルになってるの?

359 :名無し名人:03/09/18 20:31 ID:CyxwBV3s
村山は、いつ死ぬかわからないというのに、「将棋」に打ち込んだことが凄い。
俺なら普通、夢も希望もない人生送ってたと思うよ。


360 :名無し名人:03/09/18 22:58 ID:/gD5xn4b
リアルタイムで接していたが、今振り返るとK1のような格闘技系真っ青の
ガチンコ勝負だったなぁ。森信や大崎のような個性的なバイプレーヤも
物語を引き立たせた。

本人が幸せかどうかは本人にしか分からんが、たぶん不幸だったのだろう。
けど、多くの人を幸せにし、記憶に残した。

将棋しか取り得のない、性格がひん曲がってるデブオタヒッキーでも、
こういうことが成り立ったのは、なんか勇気が出るよ。

何の取り得のない自分でも、ある集団のなかでは、
数少ない長所が生かされて居場所ができるかもしれないという期待。
なんか、そういう前向きさを教えてくれたようだった。

ロボットアニメの端役で登場したかと思ったら、主人公を助けて爆死っていうの
あるじゃん。そういうのを観たときのと似たような感じ。



361 :名無し名人:03/09/18 23:33 ID:kZ7Q1lBz
※や突撃に負け越してるのはちょっと意外ではあるな。

あと、因縁の神崎とも意外に当たっている。

362 :名無し名人:03/09/19 03:48 ID:oBoCCc2i
「土に還る」これが村山先生のすべてです。

363 :名無し名人:03/09/19 09:47 ID:oVcaKV8U
村山は佐藤・森内・よりちょっと下の実力は確かにあった。
タイトル取れたよな。惜しいよな。

364 :名無し名人:03/09/20 09:01 ID:7ThuJwWe
近代将棋の編集長の日記を見て思ったのだけど、広島将棋センターは最近になって
家賃が高いところに引っ越したそうですが、運営は大丈夫なのですか?
有力棋士を多く輩出した名門道場のようですが。

365 :名無し名人:03/09/20 23:15 ID:SnzfhiPK
>>340
人道的にそういうことをして拝観。

366 :名無し名人:03/09/23 23:32 ID:oe3+8iMo
あの有名な54期B1順位戦村山対丸山の棋譜キボン!

367 :名無し名人:03/09/23 23:36 ID:+Vq8aSTW
村山は村山でも慈明のほうが強そうだな。

368 :名無し名人:03/09/23 23:45 ID:w1GQhBAo
「聖の青春」は好きな作品だが、作者が10代の高橋和とやっていたのかと思うと
萎える


369 :名無し名人:03/09/23 23:53 ID:mGD5K2Oe
>>366
第54期は村山八段はA級だ罠。


370 :名無し名人:03/09/27 14:19 ID:DeELIHNh
>>363
「ちょっと」とはいえ、村山が佐藤・森内の「下」というのには抵抗がある。
最晩年にB1落ちしたとはいえ、「同格」でいいと思うが。

    村山   佐藤   森内  
46期 C2   C2   奨励会
47期 C1   C2   C2
48期 C1   C1   C2
49期 C1   C1   C2
50期 C1   C1   C1 
51期 B2   C1   B2 村山王将挑戦
52期 B1   B2   B2 佐藤竜王獲得
53期 B1   B2   B1
54期 A    B1   A  森内名人挑戦
55期 A    A    A
56期 B1   A    A
57期 A・死去 名人   A

371 :名無し名人:03/09/27 18:56 ID:KuTgiuc6
>>370
しかし
・A級での実績が無い(勝ち越し0、陥落経験アリ)
・タイトル取れず

ということからやはり佐藤・森内より格下。
ガンにならなかったとしても郷田あたりといい勝負だったのでは

372 :名無し名人:03/09/27 22:39 ID:pNDgAjlN
現時点から比較するなら、佐藤・森内が上。
でもそんな比較に意味は無い。

このスレに載ってる追悼文を見ても、佐藤が
自分と同格に思ってたことは間違いない。
村山にとってはそれで充分だろう。

373 : :03/09/28 02:35 ID:riSUH+5T
村山はすごいよ。佐藤、森内?絶対に村山のほうが上だった。(過去形)
対戦成績がすべてでない。村山はいつも体調が最悪だったからな。
それでもあれだけの内容の将棋がさせるところに村山のすごさがある。
羽生戦だけでも良いから並べてみ。といっても対羽生戦を並べてみても、
内容を理解できるやつほとんどいないだろうけど。(プロでも理解できないやついると思う)

374 : :03/09/28 02:41 ID:riSUH+5T
>368
○山と対戦したやつ?棋譜、長すぎる。聖の青春にのってたような気が。
でもあれはすごい一局だった。○が本領発揮で丸山ワールド炸裂させたから。
あれは○のほうがすごいと思った。

375 :名無し名人:03/09/28 09:18 ID:86grKQk/
ああいう状態の村山を相手にあそこまで戦えた○は普通じゃない。
プロだから悪いとはいわんが鬼かと。

376 :名無し名人:03/09/29 07:47 ID:1G50rHZ5
http://game.2ch.net/bgame/kako/1001/10013/1001392922.html
これの34から読め。


377 :名無し名人:03/09/29 08:06 ID:fBtSk++W
棋戦名:第56期B級1組順位戦2回戦    対局日:1997年7月14日
(先手)七 段:丸山忠久(1勝0敗)    戦 型:角換わり腰掛け銀
(後手)八 段:村山 聖(1勝0敗)    終 局:1時43分

▲7六歩 △8四歩 ▲2六歩 △3二金 ▲7八金 △8五歩 ▲7七角 △3四歩
▲8八銀 △7七角成▲同 銀△4二銀 ▲1六歩 △1四歩 ▲9六歩 △9四歩
▲3八銀 △7二銀 ▲4六歩 △6四歩 ▲4七銀 △6三銀 ▲6八玉 △5四銀
▲5六銀 △6五歩 ▲7九玉 △5二金 ▲5八金 △4一玉 ▲3六歩 △3一玉
▲2五歩 △3三銀 ▲3七桂 △6四角▲4七金△4四歩▲6八飛△7四歩
▲6六歩△同 歩▲同 銀△6二飛▲7七桂△2二玉▲6九玉△9五歩
▲6五歩△7三角▲9五歩△8二飛▲5八玉△9六歩▲6九飛△8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8二飛▲4八玉 △9五香▲9八歩△6三金
▲6四歩△同 金▲7一角△5二飛▲6五桂△6八歩▲同 飛△6五金
▲同銀直 △6七歩▲同 飛△5五桂 ▲6九飛△4七桂成▲同 銀△4五歩
▲6四銀△4六歩▲同 銀△5一飛▲7三銀不成△7一飛▲6二銀成△4一飛
▲4五歩 △4七歩▲同 玉△4四歩▲5六金△4五歩▲同 桂 △4四銀
▲5二角△4二飛▲4三歩 △5二飛▲同成銀△4三銀▲5三成銀△同 銀
▲同桂成 △2六角 ▲4八歩 △5三角 ▲2四歩 △6八歩 ▲同 金△6七歩
▲7八金 △2七銀▲2三歩成 △同 金 ▲2四歩△同 金▲5五桂 △3二銀
▲5八玉 △3六銀成▲4三銀 △4二歩 ▲3二銀成△同 玉▲6七飛 △8九角
▲8八飛△4六成銀▲8九飛△5六成銀▲6五角 △2二玉▲5六角 △4六金
▲2九飛 △5六金 ▲同 歩 △3五角 ▲2三歩 △同 玉 ▲6三飛成 △5三歩
▲6七玉 △6五歩 ▲同 龍 △7三桂 ▲7四龍△6六歩▲7七玉 △8五銀
▲2四飛 △同 玉 ▲2五歩 △1三玉 ▲2四銀 △同 角 ▲2三金 △同 玉
▲2四歩 △同 玉 ▲2五歩△同 玉▲3六銀△同 玉▲3四龍△3五歩
▲4七角 △4六玉 ▲3七金 △同 玉 ▲3五龍 まで
173手にて丸山七段の勝ち!
・消費時間(各6時間持ち)
▲丸山七段:5時間59分
△村山八段:5時間59分

378 :名無し名人:03/09/29 08:08 ID:fBtSk++W
【解説】
61=戦場から遠のく玉の移動だが、前の動きも村山のうまい応接で戦果はなく
  「つまらない展開」(丸山)に。 65=先手攻撃再開。
70=以下△5五桂まで適切な反撃で後手は崩れない。
80=先手陣を薄くして急所の歩突き。激しい玉頭戦に。
123=先手、これより1分将棋
128=後手も1分将棋に。
129=悪手。▲6一飛成として▲3一飛をねらう一手だった。
  本譜は飛車を手放したため戦力低下となった。
150=疑問手。△5四桂の方が手堅い。
164=痛恨の失着。△1三玉なら詰まなかった。
169=以下はトン死。

【村山聖A級初昇級時の手記】
「四段になって数えていた。
六十連勝すれば名人になれる。
だが勝ちたいと思う勝負に負け何度も挫折した。
その度に立ち上がり、上を目指した。

何故A級八段になれたのだろう。
体も弱いし将棋も余り強くない僕が、何故?
神様のすることは僕には予測できないことだらけだ。
願うことは、これから僕の思い描いた絵の通りに
現実が進んでいくことだ。これからが本当の勝負。
そう思っている。」


379 :名無し名人:03/09/29 08:09 ID:fBtSk++W
【詳細&将棋内容】
(先崎学)
大阪で、偶然に、村山×丸山の順位戦を見る機会に恵まれた。
村山聖は、王将リーグで羽生と戦った頃の村山に、あるいは終盤は村山に訊けと
いわれた頃の村山に戻れるかというのが、最近の私の関心事の一つだった。
6月の中旬、村山は8時間半にも及んだ、生命も危ぶまれたほどの手術をした。
当然、半年なり一年なり休場して、体力の回復にあてる。これが常識である。
だが彼は順位戦を指すといいはった。身内、医者は正気の沙汰ではないと止めた。
この常識以前の正論を彼はきかなかった。
私は村山が指すと聞いたとき、書きにくいことを書いてしまえば、彼は死ぬ気だな、
と思った。将棋盤の前で、死んでも悔いはないんだろうなと思った。
順位戦は、彼にとって、特別な棋戦である。よく、医者に止められている酒を飲んで
酔っぱらったとき「はやく将棋をやめたい」ということがあった。
この言葉の上には「名人になって」という冠が隠されている。
名人になることだけが彼の望みであり夢なのである。
広い部屋に対局は一局だけだった。控の間には看護婦さんが、万が一の時のため
待機していた。
将棋の内容は村山君が序盤から積極的に指し回して圧倒した。
まったく病み上がりの人間の指す将棋とは思えなかった。
いよいよあとは寄せるだけという局面を迎えたのは深夜の十二時だった。
ここまで村山君には一手の悪手もなかった。
寄せの入口で、一手、村山君がぬるい手を指した。守りの銀を攻めに使ったために
一挙に自陣が危なくなった。局面は混沌として、粘り強さが身上の丸山君の
ペースかと思われた。時刻は一時を過ぎた。丸山君も簡単な勝ちを逃した。
その代わり、妙な自陣飛車がでて、もうなんだか分からない。
一時二十分。やっとはっきり村山勝ちになった。
桂を打てばお終いだった。村山君は一分将棋のなか詰ましにいった。
瞬間、あっ危ないなと思った。本能で打ちそうな桂を打たなかったのが嫌な予感を呼んだのである。
丸山君はするりと玉をかわした。


380 :名無し名人:03/09/29 08:10 ID:fBtSk++W
(中略)
最後は三十三手詰め、村山君にはツキがなかった。終了は一時四十三分。
感想戦は一言もなし。村山君の顔は見るに忍びなかった。
いいものを見た、と思った。
あの状態で、あれだけの将棋を指す奴を将棋の神様が見捨てる訳がない。
本心からそう思えてならなかった。
(谷川浩司)「鳥肌が立つというか、手術後1ヶ月で、これだけの将棋を
指したんだなと・・・」
(羽生善治)「凄い、凄い将棋だな。」

381 :将棋世界の:03/10/02 07:22 ID:wyMaoION
村山聖追悼号を矢不オクでみつけたぞ〜

382 :オシシ仮面:03/10/02 14:50 ID:OqcyCEaL
もし朝が来たら 万年三段の少年は 『将棋世界』から
村山聖の棋譜をコピーするつもりだった
それをポケットに入れて 弱い自分の励ましにするために

もし朝が来たら 老棋士は 家を出て もう一度
自分の将棋を探しに行くつもりだった
「苦しみはかわらない かわるのは希望だけだ」ということばのために

しかしもう朝は来ない 人は誰も村山聖の将棋を もう二度と見ることができないのだ
さらば村山聖 目をつむると なにもかもが見える
名人戦の 満員の観客の歓声に送られて出てゆく おまえの姿が
故郷の広島の家族と 将棋をやめてくつろぐ おまえの姿が
そして人生の空き地で聞いた 希望という名の汽笛のひびきが








寺山しゅうじ さらばテンポイントより

383 ::03/10/02 21:32 ID:TNcYs73/
すばらしい!

384 : :03/10/02 23:23 ID:b05v6/Ka
村山の解説、聞きたかった。対局よりも面白そう。
真っ赤になって、どもってそう。

385 :名無し名人:03/10/02 23:59 ID:HUrShbdx
山田久美が司会でNHK杯の解説を見たが(1996年?)なかなか良かった。
ただ照れているのか画面からはみ出すような位置に立つので、顔が全部
映らなくて、山田がそのことで冗談を言ったような記憶がある。
どもったりはしない。声も良くて分かりやすい解説だった。

386 :またまた:03/10/04 15:27 ID:rttdGyTR
村山関連の本、やふおくで発見!

387 :名無し名人:03/10/05 17:38 ID:4jML+vw5
ageru

388 :名無し名人:03/10/05 20:46 ID:Mn/5j8ej
実戦譜で、先崎とハブたんが解説してるやつ図書館で借りてきたけど、
理解できねーよ!

389 :名無し名人:03/10/16 22:10 ID:TgLTSUsM
>>388
あれ実際、羽生、先崎の両名が、プロの語彙で好き勝手に
言っているので、正直この本だけの解説書が欲しいと思った(w

390 :名無し名人:03/10/17 20:24 ID:lf5GP+Fa
あげるとするか

391 :名無し名人:03/10/25 17:03 ID:2TGSNYnG
>>68

まったく・・・

392 :名無し名人:03/10/30 08:42 ID:m1A8UT+O
>>391
正論だろ。何か文句あるのか?

393 :名無し名人:03/10/30 12:23 ID:MdDuue13
大内は、村山の爪を批判する前にてめえの拳をどうにかせい


394 :名無し名人:03/10/31 21:28 ID:L75WUK2F
それは結果論だろw

395 :名無し名人:03/11/10 13:17 ID:dAD/OBhy
昨日「聖(山本おさむ著)」を読んだ。
泣けた。
良スレ保守age。

396 :名無し名人:03/11/10 13:22 ID:GYX3pEdf
村山の人間は好きなんだけど、
棋譜には全然興味がない・・・。

397 :名無し名人:03/11/13 11:13 ID:dDNZStqH
>>395
あれノンフィクションだと思って感動して読んでたけど、欄外にちっちゃく
「これは事実に基づいたフィクションです。」
と書いてあったのを見てから少々萎えた・・・。

聖の青春と併せて読むべし。

398 :名無し名人:03/11/13 12:48 ID:NWSXA2Ze
存命ならば今頃はA級にいた。それは間違いない。
私の見たかった村山絡みのカードは、
 1.に藤井猛   2.に渡辺明   である。

399 :名無し名人:03/11/13 13:57 ID:S6sex0sz
>>1から読みますた




・゚・(つД`)・゚・

400 :名無し名人:03/11/13 21:52 ID:cat1oDPn
ぽくが見たいのは田村康介対村山だな

401 :名無し名人:03/11/15 06:52 ID:68hPrUJm
>>398
村山の対振りは手厚い
振り党の嫌がる棋風だが
似たようなので高橋がいる
彼は散々に藤井を苦しめた
藤井の竜王時代でさえシステムを正面からがっしり受け止め
勝っていた
システムの発展は高橋の頑張りが非常に大きかったと言える
村山もきっと高橋のように藤井を苦しめ、なにか面白い対策を
作り出してたかもしれない

402 :名無し名人:03/11/15 10:21 ID:DWhER5sV
知ってるとは思うけど村山vs藤井は一局だけあるよ。
いちおう棋譜貼っておきます。

開始日時:1996/02/19
表題:第67期棋聖リーグ
棋戦:棋聖戦
戦型:四間飛車
場所:東京将棋会館
掲載:将棋世界 '96 5月号 P.100
先手:藤井 猛 六段
後手:村山 聖 八段

▲7六歩 △3四歩 ▲1六歩 △1四歩 ▲9六歩 △8四歩
▲6六歩 △6二銀 ▲6八飛 △4二玉 ▲3八銀 △3二玉
▲4六歩 △5四歩 ▲7八銀 △5二金右 ▲7七角 △8五歩
▲4八玉 △5三銀 ▲5八金左 △7四歩 ▲3九玉 △5五角
▲4七金 △4四銀 ▲6七銀 △7三角 ▲6五歩 △2二玉
▲2八玉 △4二金寄 ▲6六銀 △9四歩 ▲5六歩 △3二金上
▲3六歩 △3三金右 ▲7五歩 △8四飛 ▲7八飛 △8二角
▲9七香 △3五歩 ▲6八角 △3六歩 ▲同 金 △5五歩
▲7四歩 △5六歩 ▲7六飛 △8三飛 ▲5二歩 △4二銀
▲7五銀 △3五歩 ▲3七金 △5五銀 ▲5一歩成 △同 銀
▲7七角 △4四金 ▲4五歩 △同 金 ▲6四歩 △4四銀
▲4六歩 △5五金 ▲6六銀 △同 金 ▲同 飛 △5五銀打
▲7三歩成 △同 飛 ▲6五飛 △5七歩成 ▲8五飛 △9三角
▲8一飛成 △4八と ▲3四桂 △3三玉 ▲5一龍 △4九と
▲2五金 △3九角成 ▲1八玉 △7二飛 ▲2一龍 △2四金
*敗着!
*▽2八金、▲1七玉、▽3八金、▲2六玉、▽2四銀で難しかった。
▲4二銀 △同 飛 ▲同桂成 △同 玉 ▲6三歩成 △2五金
▲5二飛
まで97手で先手の勝ち

403 :名無し名人:03/11/15 10:33 ID:DWhER5sV
あと聖の青春でも少し触れられてて有名だけど田村との早指し選手権決勝の棋譜。

開始日時:1997/2/1
棋戦:第30回早指し選手権・決勝
先手:村山 聖
後手:田村 康介

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲7七銀 △8五歩
▲2六歩 △3二銀 ▲7八金 △6二銀 ▲5六歩 △5四歩
▲4八銀 △5二金右 ▲6九玉 △4四歩 ▲3六歩 △3三銀
▲5八金 △3一角 ▲7九角 △7四歩 ▲6六歩 △4三金
▲6七金右 △3二金 ▲3七銀 △4一玉 ▲4六銀 △7五歩
▲同 歩 △同 角 ▲3七桂 △4五歩 ▲同 桂 △2二銀
▲5五歩 △4四歩 ▲5四歩 △同 金 ▲5八飛 △5五歩
▲7六銀 △4二角 ▲5五銀 △4五金 ▲5四銀 △3六金
▲5三歩 △5一歩 ▲6五歩 △8六歩 ▲同 歩 △4五歩
▲5六飛 △3三角 ▲3六飛 △9九角成 ▲4三金 △4二香
▲3二金 △同 玉 ▲8八角 △同 馬 ▲同 金 △4四金
▲6一角 △3三銀 ▲3五歩 △同 歩 ▲5六飛 △5五桂
▲3四歩 △2四銀 ▲6六金 △5四金 ▲5五金 △同 金
▲同 飛 △4四金 ▲5二歩成 △同 歩 ▲同飛成 △5一銀打
▲5六桂 △8四飛 ▲3一金 △同 玉 ▲4一金 △2二玉
▲5一金 △4三金 ▲6二龍 △8六飛 ▲8七金 △5七角
▲6八銀
まで97手で先手の勝ち

404 :名無し名人:03/11/15 11:09 ID:DWhER5sV
>知ってるとは思うけど村山vs藤井は一局だけあるよ。

対藤井戦は他にも二局あるようです。いいかげんなことかいてスマソ。。。
藤井の棋譜は集めてるんですがその二局が見つかりません。
持ってる方がいたらぜひ貼ってください。

H7.12.11 王位戦 藤井猛
H8.10.18 王将戦 藤井猛

将棋連盟 関西将棋会館 村山聖九段 全成績
ttp://www.kansai-shogi.com/webmagazine/8-5.htm

405 :名無し名人:03/11/15 11:18 ID:Z/HwcbAg
>>403
優勝した後すぐ逃げ出したって奴だな。
先崎のエッセイでも聖の青春でも村山がいなくなった
理由は明確になっていない(たぶん体調なんだろうが)

406 :名無し名人:03/12/05 17:39 ID:0lG70HCc
開始日時:1996/10/18(金)
先手:村山 聖
後手:藤井 猛
棋戦:王将戦
戦型:四間飛車
手合割:平手

▲7六歩  △3四歩  ▲2六歩  △4四歩  ▲4八銀  △4二飛  
▲6八玉  △9四歩  ▲9六歩  △7二銀  ▲5六歩  △3二銀  
▲5八金右 △6四歩  ▲3六歩  △5二金左 ▲7八玉  △6二玉  
▲6八銀  △7一玉  ▲5七銀左 △8二玉  ▲2五歩  △3三角  
▲3五歩  △同 歩  ▲4六銀  △3六歩  ▲3五銀  △4五歩  
▲3三角成 △同 銀  ▲7七角  △5四角  ▲2六飛  △1二香  
▲2四歩  △同 歩  ▲同 銀  △同 銀  ▲同 飛  △2八歩  
▲同 飛  △4六歩  ▲同 歩  △同 飛  ▲5五銀  △3七歩成 
▲同 銀  △2七歩  ▲5四銀  △2八歩成 ▲4六銀  △5四歩  
▲2二飛  △2七飛  ▲1二飛成 △3八と  ▲4四角  △4二歩  
▲4三歩  △同 金  ▲6三香  △同 銀  ▲1六角  △4八と  
▲同 金  △2九飛成 ▲4三角成 △5二桂  ▲4二竜  △7二銀打 
▲6二金  △4一歩  ▲6一金  △4四桂  ▲同 馬  △4二歩  
▲7一馬  △9二玉  ▲8二金  △9三玉  ▲7二金  △8四玉  
▲7五銀  △8五玉  ▲4四馬  △5五香  ▲同 銀  △同 歩  
▲8六歩  △7六玉  ▲7七香  
 まで、93手で先手勝ち

407 :名無し名人:03/12/08 05:01 ID:Epw6r2YN
たまーにこのスレ読むのもいいな。

408 :名無し名人:03/12/08 06:14 ID:sCI2fv2F
>406
おお、完璧だ

409 :名無し名人:03/12/08 21:20 ID:4QkaDUax
平成6年度第53期順位戦B1の村山聖七段の棋譜希望です。
対田中・青野・森・桐山・大内・小林・田丸・富岡戦
どなたかお持ちでしたらよろしくお願いいたします。
2年目のB1で9勝2敗、森内とともに昇級を決めた年です。



410 :名無し名人:03/12/15 20:31 ID:Jmo66ufy
村山聖棋士に生きる素晴らしさを教えてもらいました。
貴方のように太く生きたい


411 :名無し名人:03/12/15 23:00 ID:q0jTEQyA
こんなところで村山先生を発見してしまいました!!
ttp://www.orgasmatrix.com/hijos/navidad/yao/

412 :名無し名人:03/12/15 23:22 ID:MhhY9SAt
>>1から読んだ。
感想:村山は勝負に生きる性を強く持っていた。
才能は十二分にあった。格下に対する勝ちっぷりは
紛れもなくA級棋士のそれである。
名人になって将棋をやめたい、と言ったとか。
正真正銘の本音であろう。好き嫌いの問題じゃない。
彼の性が彼を勝負に追いやるのである。
その戦いの果てに名人がある。名人は周囲にも自分自身に
対しても将棋をやめるための充分な理由になる得ると
考えたに相違ない。ただ、一線級の相手とのぎりぎりの
勝負を戦う体力がない。凡庸だが彼の葛藤の正体はここに
在ると思われる。晩年は衰弱が進行していたろうから一層
辛かったろう。後一歩まで来ているがこの先に行けそうにない、
という思い。
弱っているのに酒を飲んだという。一方で少女漫画を好んだという。
どちらも勝負生活とのバランスを保つ要素などという余裕のある
娯楽ではなく逃避の対象だろう。それで楽になった筈もないが。
彼が棋士として人生を全うしたことを将棋ファンは称賛すべきだろう。
彼が凡人であったら発狂していても不思議ではないと思われる。
長文スマソ。

413 :名無し名人:03/12/16 00:26 ID:afQ4QHEZ
>>411俺も似てると思った。おめえエロサイトで見つけてきただろ。

414 :名無し名人:03/12/16 08:10 ID:UmJpHfYP
>>411
ハゲワラ

415 :名無し名人:03/12/16 20:44 ID:oB9hoX6x
>>411
不動裕理かとオモタ。

416 :名無し名人:03/12/30 12:40 ID:9YtDhwQU
村田聖?
ttp://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d40666557

119 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)